市川猿之助&中村鷹之資が「連獅子」初共演で魅せる、「春秋座特別舞踊公演」開幕

市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」が、本日9月2日に京都・京都芸術劇場 春秋座で開幕した。

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)

大きなサイズで見る(全4件)

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)[拡大]

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」より、澤瀉十種の内「連獅子」。(撮影:神谷拓範)[拡大]

これは、京都芸術劇場 春秋座の芸術監督を務める市川猿之助が、京都芸術大学の開学30周年と、同劇場の開場20周年を記念して行う舞踊公演。出演者には猿之助のほか、中村鷹之資市川弘太郎、市川猿四郎、市川笑野、市川猿紫、市川喜猿が名を連ねている。

「春秋三番叟」は、2001年に猿之助が同劇場のこけら落とし公演で披露した演目で、今回は弘太郎、猿四郎、笑野、猿紫、喜猿が出演。「澤瀉十種の内 連獅子」では、猿之助が狂言師右近後に親獅子の精、鷹之資が狂言師左近後に仔獅子の精に扮する。前シテでは親子の情愛を表現し、後シテではダイナミックな毛振りを披露した。なお2人が、本演目で共演するのは、これが初めてのこと。上演時間は約1時間30分。公演は9月5日まで。

この記事の画像(全4件)

大学開学30周年記念・劇場開場20周年記念公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム「市川猿之助 春秋座特別舞踊公演」

2021年9月2日(木)~5日(日)
京都府 京都芸術劇場 春秋座

一、「大学開学三十周年記念 劇場開場二十周年記念『御挨拶』」

出演:市川猿之助

二、素踊り「春秋三番叟」

構成:市川猿翁
補綴:石川耕士

出演

三番叟:市川弘太郎
同:市川猿四郎
同:市川笑野
同:市川猿紫
同:市川喜猿

三、澤瀉十種の内「連獅子」

作:河竹黙阿弥

出演

狂言師右近後に親獅子の精:市川猿之助
狂言師左近後に仔獅子の精:中村鷹之資

※澤瀉の「瀉」のつくりは、わかんむりが正式表記。

全文を表示

関連記事

市川猿之助のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 市川猿之助 / 市川猿翁 / 石川耕士 / 市川弘太郎 / 中村鷹之資 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします