田中れいながミュージカル「赤毛のアン」を降板、代役は森田有希

「TOURSミュージカル『赤毛のアン』」で主人公のアン・シャーリー役を演じる予定だった田中れいなの降板が発表され、森田有希が代役を務めることが決定した。

稽古開始前の7月29日夜、田中の発熱が確認され、30日に改めて行われたPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。その後の自宅療養により田中の体調は回復していたが、舞台稽古に十分な時間をかけることができず、降板する運びとなった。

田中のオフィシャルサイトには「公演を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様ならびに関係者の皆様には、公演直前でのご報告となってしまい、ご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。本人の体調に関して、現在は順調に回復傾向にありますが、引き続き保健所及び医療機関の指示のもと、自宅療養にて治療に専念いたします」と所属事務所からのコメントがつづられている。

「TOURSミュージカル『赤毛のアン』」は、8月16・17日の東京・メルパルク東京 ホール公演を皮切りに、埼玉・北海道・宮城・大阪・広島・福岡・愛知で上演される。

「TOURSミュージカル『赤毛のアン』」

2021年8月16日(月)・17日(火)
東京都 メルパルク東京 ホール

2021年8月18日(水)
埼玉県 川口総合文化センター リリア メインホール

2021年8月20日(金)
北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)

2021年8月22日(日)
宮城県 電力ホール

2021年8月23日(月)
大阪府 オリックス劇場

2021年8月24日(火)
広島県 上野学園ホール

2021年8月25日(水)
福岡県 福岡サンパレス ホール

2021年8月26日(木)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

キャスト

アン・シャーリー:森田有希
ダイアナ・バリー:さくらまや
リンド夫人:大和田りつこ
マリラ・カスバート:旺なつき
マシュウ・カスバート:越智則英
ギルバート・ブライス:安井一真
ブレア医師 / 駅員 ほか:宮内良
ステイシー先生:吉田ひかる
バリー夫人:染谷妃波
フィリップス先生:縄田晋
ミニー・メイ:染谷益千子

全国アンサンブル:中村美友、轟美希佳、北野桃香、永田萌、平井蒼大、塚田駿哉、鈴木佑芽、青柳まゆ、丹治聡美、佐野桃子

全文を表示

関連記事

田中れいなのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 田中れいな の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします