彩吹真央が“五重人格”のヒロインに「五番目のサリー」脚本・演出は荻田浩一

921

「『五番目のサリー』~The Fifth Sally~」が、10月21日から30日まで東京・よみうり大手町ホールで上演される。

「『五番目のサリー』~The Fifth Sally~」の出演者。

「『五番目のサリー』~The Fifth Sally~」の出演者。

大きなサイズで見る

本作は、ダニエル・キイスの小説「五番目のサリー」を荻田浩一の脚本・演出により舞台化するもの。劇中では、“五重人格”のヒロイン、サリー・ポーターの物語が描かれる。ニューヨークで働く平凡なウエイトレスのサリーは、幼少期から繰り返し陥る記憶喪失に悩まされていた。記憶喪失のせいで、仕事は長続きせず、結婚生活も破綻してしまう。サリーは10歳になる双子の子供も手放し、孤独な人生を歩んでいた。しかし彼女は、精神科医・ロジャーの治療を受けたことで、自身の心の中に4つのほかの人格が存在していることを知り……。

サリー役を彩吹真央が務めるほか、出演者には仙名彩世、小野妃香里、藤田奈那中河内雅貴大山真志荒井敦史井澤勇貴小寺利光駒田一が名を連ねた。チケットの一般販売は9月25日にスタート。

「『五番目のサリー』~The Fifth Sally~」

2021年10月21日(木)~30日(土)
東京都 よみうり大手町ホール

原作:ダニエル・キイス「五番目のサリー」(ハヤカワ文庫)
脚本・演出:荻田浩一
音楽:TAKA
出演:彩吹真央 / 仙名彩世、小野妃香里、藤田奈那 / 中河内雅貴大山真志荒井敦史井澤勇貴小寺利光 / 駒田一

全文を表示

関連記事

彩吹真央のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 彩吹真央 / 荻田浩一 / 仙名彩世 / 藤田奈那 / 中河内雅貴 / 大山真志 / 荒井敦史 / 井澤勇貴 / 小寺利光 / 駒田一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします