高屋奈月原作、舞台「フルーツバスケット」2022年に上演決定

8

1712

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1157 552
  • 3 シェア

舞台「フルーツバスケット」が来年上演されることが明らかになった。

「フルーツバスケット」舞台化決定の告知ビジュアル。

「フルーツバスケット」舞台化決定の告知ビジュアル。

大きなサイズで見る

「フルーツバスケット」は、1998年から2006年まで「花とゆめ」(白泉社)で連載された高屋奈月のマンガ。2001年にテレビアニメ化、2009年に舞台化され、2015年9月には「フルーツバスケット」の数十年後を描いた「フルーツバスケットanother」の連載が開始された。また2019年4月には、新たなスタッフ・キャストにより再びアニメ化されている。

主人公は、唯一の家族だった母親を亡くした女子高生・本田透。透は、縁あってクラスメイトの草摩由希やその親戚である紫呉、夾たちと暮らすことになる。しかしその草摩家は、異性に抱きつかれると“物の怪”に変身してしまう“物の怪憑き”の一家で……。

舞台「フルーツバスケット」の公演詳細については続報を待とう。

(c)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

読者の反応

  • 8

☆すみの☆ @tkrzkask

フルバが舞台化されるなら、ビバタカで好きな曲にフルバの「For フルーツバスケット」を選んだ華優希さんにワンチャン来たりします?

https://t.co/1uNBLNqqYK

コメントを読む(8件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 高屋奈月 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします