中止になった2020年版メンバーが集結「ラフカット2021」堤泰之による3作品

61

「ラフカット2021」が、6月23日から27日まで東京・こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロで上演される。

「ラフカット2021」チラシ表

「ラフカット2021」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「ラフカット」は、「荒削りでも可能性を秘めた役者に力試しの場を提供したい」という思いで、1995年に堤泰之が立ち上げたオムニバス企画。昨年開催予定だった「ラフカット2020」は、新型コロナウイルスの影響で中止となり、今回は中止公演に出演予定だった俳優陣が参加する。

上演演目は「ママ・ハラペーニョ」「第二の心臓」「尻を見てしまう」の3作品で、いずれも堤が脚本・演出を担当。「ママ・ハラペーニョ」では、国道沿いにあるダサいカフェのオープンテラス、「第二の心臓」では、足裏マッサージ店の事務所室兼従業員控室、「尻を見てしまう」では、山間の小さな町を舞台にした物語が描かれる。

この記事の画像(全2件)

「ラフカット2021」

2021年6月23日(水)~27日(日)
東京都 こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロ

脚本・演出:堤泰之

キャスト

第1話「ママ・ハラペーニョ」

樫山哲朗、坂本翔太郎、清水剛、鈴木貴大、須藤どらま、出井景吾、石井澄代、大山順、佐々木三恵、永峰遙、花衣未菜

第2話「第二の心臓」

古賀テンマ、松井壮大、猪瀬百合、小川未来、金子真緒、黒木エミー、平塚あみ、水谷悟子、美波花音、宮脇由佳

第3話「尻を見てしまう」

阿部剛大、阿部純也、池田光毅、大竹散歩道、櫛島想史、清水篤志、中沢奏輝、大槻朋華、島田美希、谷奈央子

全文を表示

関連記事

堤泰之のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 堤泰之 / 松井壮大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします