尾上松緑が初役で長兵衛に、尾上菊五郎監修「人情噺文七元結」お兼役は中村扇雀

150

令和3年6月歌舞伎鑑賞教室「人情噺文七元結」が、6月2日から23日まで東京・国立劇場 大劇場、25・26日に神奈川・神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホールで上演される。

令和3年6月歌舞伎鑑賞教室「人情噺文七元結」チラシ表

令和3年6月歌舞伎鑑賞教室「人情噺文七元結」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

5代目尾上菊五郎が明治期に初演した「人情噺文七元結」は、初代三遊亭円朝が口演した人情噺を竹柴金作が脚色したもの。劇中では、江戸を舞台に、賭け事と酒が好きで、借金を重ねた主人公・長兵衛を中心にした物語が展開する。家計の苦しさを見かねた長兵衛の娘・お久は、両親に内緒で、長兵衛が仕事で出入りする店の女主人・お駒に「働かせてほしい」と頼み込む。親のため、つらい勤めを進んでしようとするお久の姿に心を打たれたお駒は……。

当代菊五郎が監修する今回では、尾上松緑が長兵衛を初役で勤める。このほかの出演者には、女房お兼役の中村扇雀、和泉屋手代文七役の坂東亀蔵、鳶頭伊兵衛役の中村種之助、お久役の坂東新悟、和泉屋清兵衛役の市川團蔵、そしてお駒役の中村魁春が名を連ねた。

なお「人情噺文七元結」の上演前には、種之助による解説コーナー「歌舞伎のみかた」が設けられる。また「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」と題し、6月11日と18日には18:00開演回が実施される。上演時間は途中休憩を含む約2時間。

この記事の画像(全2件)

令和3年6月歌舞伎鑑賞教室「人情噺文七元結」

2021年6月2日(水)~23日(水)
東京都 国立劇場 大劇場

2021年6月25日(金)・26日(土)
神奈川県 神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール

解説 歌舞伎のみかた

出演:中村種之助

人情噺文七元結

口演:三遊亭円朝
脚色:竹柴金作
監修:尾上菊五郎

出演

左官長兵衛:尾上松緑
女房お兼:中村扇雀
和泉屋手代文七:坂東亀蔵
鳶頭伊兵衛:中村種之助
娘お久:坂東新悟
和泉屋清兵衛:市川團蔵
角海老女房お駒:中村魁春
ほか

全文を表示

関連記事

尾上菊五郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 尾上菊五郎 / 尾上松緑 / 中村扇雀 / 坂東亀蔵 / 中村種之助 / 坂東新悟 / 中村魁春 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします