「薄桜鬼」実写ドラマ化!土方歳三役で主演の崎山つばさ「責任を持って」

7055

女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」がWOWOWで実写ドラマ化されることが決定。崎山つばさが土方歳三役で主演を務める。

崎山つばさ扮する土方歳三。

崎山つばさ扮する土方歳三。

大きなサイズで見る

「薄桜鬼」は、テレビアニメ、劇場版アニメ、舞台、ミュージカル、コミックなど、さまざまなメディアミックス展開が行われてきた人気ゲームだ。物語の舞台は、幕末の動乱期。行方不明の父・綱道を探して江戸から京を訪ねてきた少女・雪村千鶴の前に、人とは思えぬ恐ろしい所業を行う“羅刹”と、“羅刹”を斬り捨てる新選組の隊士たちが現れる。千鶴は新選組に身を置き、父を探すことになるが……。

“鬼の副長”と恐れられながら、己の信念のために刀を振るう土方役の崎山は「人気のある作品であり人物なのでプレッシャーはありました。尚且つ初めての実写化という事もありましたので、しっかりと作品や役と向き合い薄桜鬼が好きな方や新選組や土方歳三を好きな方に責任を持って演じなければならないと思いました」とコメントし、「『薄桜鬼』ファンの方も歴史ファンの方も両方楽しんで観ていただける作品だと思いますので是非、ご覧いただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

本作は、WOWOWプライムで放送されるほか、WOWOWオンデマンドでの配信も予定。全10話で第1話は無料放送される。さらにこのたび、15秒の特報映像がYouTubeにて解禁された。追加キャストや放送・配信日については続報を待とう。

崎山と、原作「薄桜鬼」総合プロデューサー・藤澤経清からのコメント全文は以下の通り。

崎山つばさコメント

出演が決まった際の心境

率直に嬉しかったです。色んな方が演じてきた新選組や土方歳三を自分も演じる事が出来るのには大きな喜びを感じました。ただ人気のある作品であり人物なのでプレッシャーはありました。尚且つ初めての実写化という事もありましたので、しっかりと作品や役と向き合い薄桜鬼が好きな方や新選組や土方歳三を好きな方に責任を持って演じなければならないと思いました。

土方歳三というキャラクターの魅力、演じるうえで心がけた点

色々な土方歳三の解釈が存在すると思います。「薄桜鬼の土方歳三」「歴史上の土方歳三」と両方を加味して様々な文献や資料を読みながら自分なりの土方歳三を演じたいと思いました。「薄桜鬼」においては雪村千鶴というキーマンがいるので、彼女とのやりとりの中で土方がどんな表情や行動をするのか、などを念頭に大切に演じました。歴史には深くは書かれていない余白や隠れた部分を脚本と照らし合わせながら演じさせていただきました。

視聴者へのメッセージ

「薄桜鬼」という作品を大事にしながら、キャスト、スタッフ一丸となって作り上げました。

時代劇版「薄桜鬼」のような世界観で撮っていただき、激動の時代を駆け抜けた人物の生き様や葛藤などをリアルに見ていただけると思います。「薄桜鬼」ファンの方も歴史ファンの方も両方楽しんで観ていただける作品だと思いますので是非、ご覧いただけると嬉しいです。

藤澤経清コメント

この度は薄桜鬼実写ドラマの公式発表となり、大変うれしく思っています。

薄桜鬼は史実の新選組を題材にした作品であるため、今回の発表は「ついに薄桜鬼が実写に」という思いもあってとても楽しみにしていました。

また本作はコロナ禍等のなかで大変な困難を経て制作が進められたこともあり、とても感慨深い思いでいっぱいです。

ファンの皆様にもきっと満足してもらえる作品となっていますので、是非、お楽しみにお待ちください。

WOWOWプライム・WOWOWオンデマンド「WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼」

原作:オトメイト(アイディアファクトリー / デザインファクトリー)
監督:六車雅宣、西片友樹
脚本:保木本真也
音楽:諸橋邦行
出演:崎山つばさ ほか

全文を表示

関連記事

崎山つばさのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 崎山つばさ / 保木本真也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします