山崎育三郎&古川雄大が真新しい衣装で臨む「モーツァルト!」稽古場での話題は“筋肉”

1452

ミュージカル「モーツァルト!」が、明日4月8日に東京・帝国劇場で開幕する。これに先駆けて本日7日に囲み取材が行われ、山崎育三郎古川雄大が出席した。

左から山崎育三郎、古川雄大。

左から山崎育三郎、古川雄大。

大きなサイズで見る(全12件)

ミュージカル「モーツァルト!」より。

ミュージカル「モーツァルト!」より。[拡大]

ミュージカル「モーツァルト!」より。

ミュージカル「モーツァルト!」より。[拡大]

本作は「エリザベート」「レディ・ベス」などで知られるミヒャエル・クンツェシルヴェスター・リーヴァイが、それぞれ脚本・歌詞、音楽・編曲を手がけた、オーストリア・ウィーン発の人気ミュージカル。1999年にウィーンで初演され、日本では小池修一郎の訳詞・演出で、2002年から上演されてきた。山崎は2010年公演から、古川は2018年の前回公演からヴォルフガング・モーツァルト役を務めている。

新調されたヴォルフガングの衣装をまとい、ポーズを決める山崎育三郎。

新調されたヴォルフガングの衣装をまとい、ポーズを決める山崎育三郎。[拡大]

2人は今回の公演のために新調されたという、ヴォルフガングの赤いコートを着て登場。山崎は「このコートを着ると気持ちが高まります。もしかすると僕らが朝ドラに出た効果で、ついに自分の衣装を作ってもらえたのかも(笑)」と、昨年のNHK連続テレビ小説「エール」を引き合いに出して喜びをにじませる。

古川雄大

古川雄大[拡大]

報道陣のリクエストに応え、その場で回って衣装をじっくりと見せてくれた古川雄大。

報道陣のリクエストに応え、その場で回って衣装をじっくりと見せてくれた古川雄大。[拡大]

古川も真新しいコートの感想を「着ていてとても気持ちいい」と話し、「朝ドラの現場とミュージカルの現場はまったく違いました。でも育三郎さんと僕の関係は変わらず、今回も稽古場では、頼れる先輩の育三郎さんからたくさんアドバイスをもらいました」と山崎に厚い信頼を寄せる。2度目の出演に向けては「小池先生も、より良い作品を目指して演出を付けてくださった。僕自身、どうにか進化したいという思いで取り組んでいます」と抱負を述べた。

山崎育三郎

山崎育三郎[拡大]

山崎は古川の言葉を聞いて「先輩扱いされますけど、僕らは1歳しか離れていない」と笑い、「前回公演で雄大はなかなか心を開いてくれなかった(笑)。彼は1人で考え込むタイプでしたが、今回はいろいろ話してくれて、相談しながら一緒に役にアプローチできました」と稽古の充実ぶりをのぞかせる。24歳のときからヴォルフガングを演じている山崎は「上演ごとに、できることが増えたり、今までとは違うシーンでグッときたりして、自分が変わったと気付かされる。その変化を楽しみながら演じています」と11年目となる「モーツァルト!」に向け手応えを語った。

ミュージカル「モーツァルト!」より。

ミュージカル「モーツァルト!」より。[拡大]

ミュージカル「モーツァルト!」より。

ミュージカル「モーツァルト!」より。[拡大]

またハードな舞台に備えて筋トレに励んだ結果、2人とも前回公演より体重が5kg程度増えたと言う。稽古場で2人は、プロテインやトレーニングなどにまつわる“筋肉トーク”に花を咲かせたそうで、山崎は「舞台で激しく動くので、けが予防のために筋力を高めました。2人とも体が一回り大きくなった(笑)」とコメント。古川は2018年の「モーツァルト!」の時期に糖質制限をしていたことに触れ、「今思うと考えられない。今回はたくさん食べて、アミノ酸も摂取して万全の状態で挑みます」と気合十分の表情を見せた。

左から山崎育三郎、古川雄大。

左から山崎育三郎、古川雄大。[拡大]

会見では、天才音楽家であるモーツァルトにちなみ、2人がお互いの“天才だと思うところ”を挙げる場面も。古川は山崎を「お芝居の素晴らしさはもちろんですが、歌唱力がずば抜けています。育三郎さんのようにミュージカルもポップスもどちらも歌えるミュージカル俳優はなかなかいないので、天才だと思います」と絶賛。山崎はそのコメントに恐縮しつつ「雄大はストイックで、努力の天才。昔から『彼はいつかヴォルフガングを演じるだろう』と思っていました。想像を遥かに超えた表現力をつかんでいて、すごいです」と古川を称えた。

最後に山崎は「コロナのことが心配ですが、僕としては1回1回の公演に『これが千秋楽だ』という思いで取り組みたい」と言葉に力を込め、「ヴォルフガングが運命と闘う姿を通して、お客様にエールを届けたい」とメッセージを送る。古川もうなずきながら「約3年ぶりの上演で、作品も僕自身も進化しているはず。たくさんの方に観ていただきたいです」と呼びかけ、会見を締めくくった。

公演は明日4月8日から5月6日まで東京・帝国劇場、14日から17日まで北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru、25日から6月7日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて。

この記事の画像(全12件)

ミュージカル「モーツァルト!」

2021年4月8日(木)~5月6日(木)
東京都 帝国劇場

2021年5月14日(金)~17日(月)
北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

2021年5月25日(火)~6月7日(月)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

キャスト

ヴォルフガング・モーツァルト:山崎育三郎 / 古川雄大
コンスタンツェ(モーツァルトの妻):木下晴香
ナンネール(モーツァルトの姉)和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風真世 / 香寿たつき
コロレド大司教:山口祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父):市村正親

安部誠司奥山寛、後藤晋彦、白石拓也、武内耕、田中秀哉、田村雄一、福永悠二、港幸樹、山名孝幸、脇卓史、渡辺崇人 / 彩花まり、池谷祐子、樺島麻美、久信田敦子、原広実、松田未莉亜水野貴以、柳本奈都子、吉田彩美

アマデ:設楽乃愛、鶴岡蘭楠、深町ようこ

全文を表示

関連記事

山崎育三郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山崎育三郎 / 古川雄大 / 木下晴香 / 和音美桜 / 涼風真世 / 香寿たつき / 山口祐一郎 / 市村正親 / 小池修一郎 / ミヒャエル・クンツェ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします