DAZZLEによる常設のイマーシブシアター「Venus of TOKYO」がお台場に、期間は1年間

139

ダンスカンパニー・DAZZLEによる、常設のイマーシブシアター「Venus of TOKYO(ヴィーナスオブトーキョー)」が4月29日に東京・お台場ヴィーナスフォート 2Fにオープンする。

「Venus of TOKYO」ビジュアル

「Venus of TOKYO」ビジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

DAZZLE

DAZZLE[拡大]

イマーシブシアターとは体験型の演劇で、観客が自らの意思で歩き、その間に物語を観たり、作品世界を体感したりできる舞台のこと。DAZZLEは近年、イマーシブシアターに力を入れており、このたび、観客が五感を使って体験する「Venus of TOKYO」を開業する。

「Venus of TOKYO」ビジュアル

「Venus of TOKYO」ビジュアル[拡大]

「Venus of TOKYO」の舞台は、秘密クラブで行われるオークション。黄金の林檎が握られていたという伝説を持つ「ミロのヴィーナスの失われた左腕」が出品されるといううわさをきっかけに、ミステリーが展開する。公演では観客の行動によりエンディングが異なるマルチエンディングの演出が施されるほか、「Venus of TOKYO 【ONLINE】」としてオンラインでも生配信される。オンライン視聴の詳細は後日発表予定だ

「Venus of TOKYO」ビジュアル

「Venus of TOKYO」ビジュアル[拡大]

Dazzleの飯塚浩一郎は、「『鑑賞』から『体験』へ、アートやエンターテインメントの潮流が大きく動く中、究極の作品体験装置がイマーシブシアターだと思います。皆様に作品の一部としてご参加いただくのをお待ちしています」とコメントした。「Venus of TOKYO」は1年間の開催を予定している。

この記事の画像(全7件)

「Venus of TOKYO」

2021年4月29日(木・祝)~2022年3月
東京都 お台場ヴィーナスフォート 2F

出演:DAZZLE ほか

全文を表示

※2021年4月27日追記:4月29日から5月11日までの公演は新型コロナウイルスの影響で休演になりました。
※2021年5月12日追記:5月12日から31日までの公演は新型コロナウイルスの影響で休演になりました。

関連記事

DAZZLEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 DAZZLE の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします