イスラエル・ガルバンがストラヴィンスキー「春の祭典」に挑む、新作公演が来日

30

イスラエル・ガルバン「春の祭典」が6月18日から20日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホール、23・24日に愛知・愛知県芸術劇場 コンサートホールで上演される。

イスラエル・ガルバン「春の祭典」ビジュアル(c)Jean Louis Duzert, Jean PHILIPPE

イスラエル・ガルバン「春の祭典」ビジュアル(c)Jean Louis Duzert, Jean PHILIPPE

大きなサイズで見る(全3件)

イスラエル・ガルバン「春の祭典」より。(c)Jean Philippe

イスラエル・ガルバン「春の祭典」より。(c)Jean Philippe[拡大]

2019年にスイス・ローザンヌで初演された「春の祭典」は、ガルバンがイーゴリ・ストラヴィンスキーの音楽をテーマに創作した新作。ダンスと2台のピアノで構成される本公演には、ストラヴィンスキー「Le Sacre du Printemps(春の祭典)」に加え、シルヴィー・クルボアジェとコリー・スマイスによる「Conspiracion」、クルボアジェによる「Spectro」と、それぞれ「春の祭典」からインスピレーションを受けて作曲された2曲がラインナップしている。

左からイスラエル・ガルバン、コリー・スマイス、シルヴィー・クルボアジェ。(c)Jean Louis Duzert

左からイスラエル・ガルバン、コリー・スマイス、シルヴィー・クルボアジェ。(c)Jean Louis Duzert[拡大]

演出・振付・ダンスをガルバンが担当。ピアニストとして、クルボアジェとスマイスが参加する。上演時間は約1時間10分で、チケットの販売は5月14日にスタート。なお6月26・27日には、神奈川・Dance Base Yokohamaでワークショップが実施される。

※Conspiracionの2つ目のoはアキュートアクセント付きが正式表記。

この記事の画像(全3件)

イスラエル・ガルバン「春の祭典」

2021年6月18日(金)~20日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

2021年6月23日(水)・24日(木)
愛知県 愛知県芸術劇場 コンサートホール

演出・振付・ダンス:イスラエル・ガルバン
作曲・音楽監督:シルヴィー・クルボアジェ
ピアノ:シルヴィー・クルボアジェ、 コリー・スマイス

イスラエル・ガルバン「春の祭典」ワークショップ

2021年6月26日(土)・27日(日)
神奈川県 Dance Base Yokohama

全文を表示

イスラエル・ガルバンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 イスラエル・ガルバン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします