愛による破滅と希望、宮沢りえ主演「アンナ・カレーニナ」に宮沢氷魚・白洲迅ら

736

宮沢りえ主演「アンナ・カレーニナ」が、8月7日から9月3日まで東京・Bunkamura シアターコクーン、9月10日から13日まで京都・京都劇場で上演される。

COCOON PRODUCTION 2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.8「アンナ・カレーニナ」の出演者。

COCOON PRODUCTION 2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.8「アンナ・カレーニナ」の出演者。

大きなサイズで見る(全2件)

宮沢りえ

宮沢りえ[拡大]

「アンナ・カレーニナ」は、ロシアの文豪レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの長編小説。シアターコクーンで上演された大竹しのぶ主演「欲望という名の電車」、三浦春馬主演「罪と罰」を手がけたイギリスの演出家フィリップ・ブリーンが、同作に新解釈を加えて戯曲化し演出する。劇中では、19世紀のロシアを舞台に、愛による“破滅”と“希望”が2組のカップルを通して対照的に描かれる。

美しい社交界の華アンナ・カレーニナ役を演じるのは宮沢りえ。アンナと恋に落ちる若き青年将校ヴロンスキー伯爵役を白洲迅、アンナの夫で政府高官のアレクセイ・カレーニン役を段田安則が演じる。また、恋に不器用ながら真実の愛を追い求めるコンスタンチン・リョーヴィン役に宮沢氷魚、ヴロンスキーに思いを寄せるも、リョーヴィンの求婚に応えるカテリーナ・シチェルバツカヤ役に川島海荷がキャスティングされた。出演者にはこのほか、西尾まり片岡正二郎深見由真金子岳憲、高間智子、富沢亜古真那胡敬二山本龍二大空ゆうひ吹越満が名を連ねている。

宮沢りえは「アンナ・カレーニナのアンナという役は私にとって、とても大きな挑戦です。乗り越えるべき壁は果てしなく高いような気がしていますが、演出家のフィリップ・ブリーンさんを迎え共演者のみんなと、今まで誰も見たことのないトルストイの世界へ皆さんをお連れできるよう、心と身体をフル回転させて挑みたいと思います」と意気込みを述べた。チケットの一般販売は、東京公演分が5月31日10:00、京都公演分は7月5日10:00にスタート。

この記事の画像(全2件)

COCOON PRODUCTION 2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.8「アンナ・カレーニナ」

2020年8月7日(金)~9月3日(木)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

2020年9月10日(木)~13日(日)
京都府 京都劇場

原作:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
上演台本・演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:木内宏昌
美術・衣装:マックス・ジョーンズ
出演:宮沢りえ宮沢氷魚白洲迅川島海荷西尾まり片岡正二郎深見由真金子岳憲、高間智子、富沢亜古真那胡敬二山本龍二大空ゆうひ吹越満段田安則 ほか

※2020年4月8日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

宮沢りえのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 宮沢りえ / フィリップ・ブリーン / 宮沢氷魚 / 白洲迅 / 川島海荷 / 西尾まり / 片岡正二郎 / 深見由真 / 金子岳憲 / 富沢亜古 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします