白井晃演出「ある馬の物語」音月桂ら全キャスト明らかに

276

白井晃演出「ある馬の物語」に出演する全キャストが発表された。

「ある馬の物語」の出演者。左から成河、別所哲也、小西遼生、音月桂。

「ある馬の物語」の出演者。左から成河、別所哲也、小西遼生、音月桂。

大きなサイズで見る(全2件)

「ある馬の物語」の出演者。

「ある馬の物語」の出演者。

出演が決定したのは、音月桂大森博史小宮孝泰春海四方小柳友ら。すでに出演が明らかになっていた成河別所哲也小西遼生を含む総勢17人の俳優が、ロシアの文豪レフ・トルストイの名作に挑む。

1975年にロシアで初演された「ある馬の物語」は、トルストイの小説を舞台化した作品。愚かな人間と聡明な馬を対比させ、“生きることとは何か?”を問う。公演は6月17日から7月12日まで東京・世田谷パブリックシアターで行われ、チケットの一般販売は4月26日10:00に開始される。

白井晃コメント

「ホルストメール」は馬の話です。しかし人間の話です。原作者レフ・トルストイが活躍したのはロシア革命前の帝政ロシア後期。彼の非暴力、博愛といった思想や哲学が、今再び必要とされている気がします。民衆を圧迫する貴族社会への疑問は、格差の広がった現代社会への懐疑と相似形をなすようです。所有することの虚しさを私たちはそろそろ気づいて良いはずです。この物語は、老いた駿馬の生涯を通してそんなことを教えてくれます。ロシアの劇団が40年近く前に音楽劇として立ち上げたのは、ベルリンの壁が崩壊する前のソ連時代です。日本の経済や社会の構造も大きく変化した中、今回の創作は、この作品に新たな意味合いを持たせてくれる、そんな予感がしています。

成河コメント

馬を演じます。演劇という表現の可能性がふんだんに盛り込まれた、非常に挑戦しがいのある戯曲です。トルストイが見つめた社会と人間の業、人生哲学はこの時代にどのように響くのか。去勢されたまだら馬、ホルストメールの眼差しが今の私たち自身を見つめる「目」になれるよう、丁寧に理解を深めて行きたいと思います。

別所哲也コメント

トルストイ原作の「ある馬の物語」。人間と人間の演じる馬達が解き放つ、差別、愛憎、命の意味。現代社会にも通じる様々な要素を、造形する人物像、モノガタリを通じて表現するダイナミズム。そして、初の白井晃さん演出、初の成河さんとの共演、初の世田谷パブリックシアター。初めてづくしのダイナミズム。楽しみです!

この記事の画像(全2件)

「ある馬の物語」

2020年6月17日(水)~7月12日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

原作:レフ・トルストイ
脚本:マルク・ロゾフスキー
音楽:マルク・ロゾフスキー、国広和毅
詞:ユーリー・リャシェンツェフ
翻訳:堀江新二
訳詞:白井晃、国広和毅
演出:白井晃
出演:成河別所哲也小西遼生音月桂 / 大森博史小宮孝泰春海四方小柳友 / 浅川文也、天野勝仁、西田欧誼、須田拓未 / 穴田有里、香月彩里、小林風花、永石千尋、熊澤沙穂

※2020年4月16日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

関連記事

リンク