ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

ダンス×人形×オペラ「CORPO SURREAL」開幕、東野祥子「3者の個性が輝く」

20

ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」より。(Photo by Søren Meisner)

ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」より。(Photo by Søren Meisner)

ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」の京都公演が、明日2月28日に京都・ロームシアター京都 ノースホールで開幕する。

本作は、東野祥子とカジワラトシオが率いるANTIBODIES Collectiveと、デンマークのネオ・パペットリーカンパニーSew Flunk Fury Witがコラボレートする音楽劇。劇中では、ダンサーと“異形の人形”たち、そしてオペラ歌手が、詩的な世界に観客を誘うダークファンタジーが展開する。去る2月23・24日には東京・スパイラルホールで東京公演が行われた。

振付・ダンスを担当する東野は、上演にあたり、「各国の参加メンバーは感覚の違いはあれど、それぞれの本領を遺憾なく発揮しています。人形使いとダンサーとオペラ歌手3者の個性が輝く瞬間がたくさんあります。ぜひ会場で体験してみてください」とコメントした。

上演時間は約1時間。京都公演は2月29日まで。なお本作は4月にエジプト・カイロ、5月にデンマーク・オデンセでの上演が予定されている。

ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」

2020年2月23日(日・祝)・24日(月・振休)※公演終了
東京都 スパイラルホール

2020年2月28日(金)・29日(土)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

コンセプト・人形製作・パフォーマンス:スベンド・E・クリステンセン
演出:ジェスパー・ぺダーセン
振付・出演:東野祥子
歌:イザベラ・レイフドッティア
音楽:マルコフ・コロナ、カジワラトシオ

ステージナタリーをフォロー