ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

栗山民也演出「ゲルニカ」に中山優馬、勝地涼、早霧せいな、キムラ緑子ら

881

栗山民也演出、上白石萌歌主演「ゲルニカ」の全キャストが発表された。

このたび出演が明かされたのは、中山優馬勝地涼早霧せいな玉置玲央松島庄汰、林田一高、後藤剛範谷川昭一朗石村みか谷田歩キムラ緑子

上白石演じるサラが思いを寄せる、人民戦線軍の兵士イグナシオ役を務める中山は「栗山さんのディレクションの下、たくさん稽古をし、精一杯努めたいと思います。PARCO劇場のオープニングシリーズ公演という事もあり、さらにグッと気が引き締まる思いです」と思いを述べ、戦場カメラマンのクリフ役を演じる勝地は「新しくなったパルコ劇場に立てることに、今からワクワクしています」と期待を口にする。

女性記者レイチェル役の早霧は「内戦の実情を伝える記者の役として、今の時代に生きる皆さんにも、あの時の惨劇とそこに生きた人々の想いを誠実にまっすぐに伝えられたらと思います」とコメントし、サラの母であるマリア役のキムラは「世界のあちこちに広がり続ける苦しみの波を、もう直ぐ自分たちも浴びることになるんだと思わずにして、どうして生きていけるだろう。本当は他人事ではないのだ。いつだって。どこでだって。……と、いうようなことを心にうかべながら、挑みます」と意気込みを語った。

栗山が構想を温めてきた本作は、パブロ・ピカソがスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた絵画「ゲルニカ」をモチーフにした作品。脚本を手がけるのは、てがみ座の長田育恵だ。公演は9月に東京・PARCO劇場、10月より京都、新潟、豊橋、北九州ほかで行われる。公演日程、チケット情報などの詳細には続報を待とう。

中山優馬コメント

栗山さんの作品にお声がけ頂けた事大変嬉しく思います。
舞台は一期一会なので栗山さんのディレクションの下、たくさん稽古をし、精一杯努めたいと思います。
PARCO劇場のオープニングシリーズ公演という事もあり、さらにグッと気が引き締まる思いです。
どんな作品になるのか、どんなイグナシオになるのか、非常に楽しみです。たくさんの方にゲルニカの世界を見ていただけたら光栄です。劇場でお待ちしております。

勝地涼コメント

僕にとって、パルコ劇場は観客としても大好きな劇場でした。その新しくなったパルコ劇場に立てることに、今からワクワクしています。
そして、栗山さんとご一緒できる事、長田さんが書き下ろす戯曲に挑戦できる事、役者として、とても嬉しく思います。ピカソの「ゲルニカ」を題材した作品になりますが、絵に込められたメッセージは、今の日本に伝えるべき大切なことなので、真摯に向き合っていきたいです。宜しくお願いします。

早霧せいなコメント

栗山さんとご一緒することを願っていた私にとって、とてもメッセージ性の強い作品に立ち向かうことができる喜びと共に、身の引き締まる思いでいっぱいです。
誰もが一度見ると忘れられない衝撃の絵画「ゲルニカ」。
内戦の実情を伝える記者の役として、今の時代に生きる皆さんにも、あの時の惨劇とそこに生きた人々の想いを誠実にまっすぐに伝えられたらと思います。

キムラ緑子コメント

「ある日を境に運命が変わるということ」
たとえば故郷の淡路島に基地ができることを想像する。私たちの海に辺野古のように土砂が注ぎ込まれ、年老いた父母が力の限りデモに参加する。とたんに胸が苦しくなる。他人事ではなくなる。
世界のあちこちに広がり続ける苦しみの波を、もう直ぐ自分たちも浴びることになるんだと思わずにして、どうして生きていけるだろう。本当は他人事ではないのだ。
いつだって。どこでだって。
……と、いうようなことを心にうかべながら、挑みます。

PARCO劇場 オープニング・シリーズ「ゲルニカ」

2020年9月
東京都 PARCO劇場
10月から京都、新潟、豊橋、北九州ほかで上演予定。

作:長田育恵
演出:栗山民也
出演:上白石萌歌中山優馬勝地涼早霧せいな玉置玲央松島庄汰、林田一高、後藤剛範谷川昭一朗石村みか谷田歩キムラ緑子

ステージナタリーをフォロー