ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

KERA CROSS「グッドバイ」本日から、藤木直人「新年の笑い初めにぜひ」

754

KERA CROSS 第2弾「グッドバイ」より。(撮影:引地信彦)

KERA CROSS 第2弾「グッドバイ」より。(撮影:引地信彦)

「KERA CROSS」の第2弾「グッドバイ」が、本日1月11日に東京・かめありリリオホールで開幕した。

「KERA CROSS」は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)の名作を2019年から数年にわたり、1年に1本ずつさまざまな演出家の演出で上演する企画。その第2弾となる今回は、太宰治の同名小説を原作に、2015年にKERAが脚本を手がけた“恋愛狂騒劇”「グッドバイ」を上演。演出は生瀬勝久が手がける。

田島周二役の藤木直人は「太宰治さんから始まって、KERAさんが後に書いたものを、生瀬さんが演出する、こんな豪華なリレーはないと思いますし、単純に楽しめる、笑える作品なので、令和になって初めて迎える新年の笑い初めにぜひ『グッドバイ』を選んで欲しいと思います」とメッセージを送り、永井キヌ子役のソニンは「個性溢れるメンバーが繰り広げる『グッドバイ』の世界を、これから各地周るその日のお客様に寄り添い、ご堪能していただけるように演じて参ります!」と意気込みを述べた。さらに生瀬も「KERAさんの作品の中で、一番好きな戯曲である『グッドバイ』を演出出来るなんて、プレッシャーよりも、心踊るほうが優っています。素敵なキャスト、最強のスタッフが揃いました! 劇場でお待ちしております」とメッセージを送っている。

「グッドバイ」のかめありリリオホール公演は1月13日まで。その後本作は、2月16日まで山形、新潟、広島、大阪、香川、愛知、福島、東京を巡演する。

生瀬勝久 コメント

KERA CROSSに参加するにあたり、KERAさんの作品の中で、一番好きな戯曲である「グッドバイ」を演出出来るなんて、プレッシャーよりも、心踊るほうが優っています。素敵なキャスト、最強のスタッフが揃いました! 劇場でお待ちしております。

藤木直人 コメント

太宰治さんから始まって、KERAさんが後に書いたものを、生瀬さんが演出する、こんな豪華なリレーはないと思いますし、単純に楽しめる、笑える作品なので、令和になって初めて迎える新年の笑い初めにぜひ「グッドバイ」を選んで欲しいと思います。

ソニン コメント

稽古場で作ってきた空気を、劇場で、いよいよ今度はお客様と共に作って行く時が来たと興奮しています。短い時間でカンパニー皆で切磋琢磨してきた稽古時間は、沢山の旅をしてきました。個性溢れるメンバーが繰り広げる「グッドバイ」の世界を、これから各地周るその日のお客様に寄り添い、ご堪能していただけるように演じて参ります! お客様と笑って暖かい時間を共に作りたいです!

KERA CROSS 第2弾「グッドバイ」

2020年1月11日(土)~13日(月・祝)
東京都 かめありリリオホール

2020年1月16日(木)
山形県 山形市民会館

2020年1月18日(土)
新潟県 長岡市立劇場

2020年1月21日(火)
広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

2020年1月23日(木)~26日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2020年1月28日(火)
香川県 レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール

2020年1月30日(木)・31日(金)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2020年2月2日(日)
福島県 パルセいいざか

2020年2月4日(火)~16日(日)
東京都 シアタークリエ

原作:太宰治(「グッド・バイ」)
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:生瀬勝久
出演:藤木直人ソニン真飛聖朴ろ美長井短能條愛未田中真琴、MIO、YAE、入野自由小松和重、生瀬勝久

※朴ろ美の「ろ」は王へんに路が正式表記。

ステージナタリーをフォロー