ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

ミュージカル「憂国のモリアーティ」第2弾、鈴木勝吾&平野良が続投

821

「ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2(オーパスツー)」が、7・8月に東京と京都で上演される。

これは本日12月21日に開幕した「ジャンプフェスタ2020」初日の「ジャンプSQ.ステージ」で発表されたもの。今年5月に上演された「ミュージカル『憂国のモリアーティ』」に続く第2弾となる本作では、前回に続いて脚本・演出を西森英行が務め、ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ役の鈴木勝吾、シャーロック・ホームズ役の平野良が続投する。詳細は続報を待とう。

「憂国のモリアーティ」は、「ジャンプSQ.」(集英社)で連載されているマンガ。作中ではアーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、シャーロック・ホームズの宿敵であるウィリアム・ジェームズ・モリアーティの視点で物語が進行する。

「ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2(オーパスツー)」

2020年7・8月
東京、京都

原作・構成:竹内良輔
漫画:三好輝「憂国のモリアーティ」(集英社「ジャンプSQ.」連載中
脚本・演出:西森英行
音楽:ただすけ

キャスト

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ:平野良
ほか

ステージナタリーをフォロー