ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

KERA meets CHEKHOV最終章「桜の園」に大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄

1699

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.4/4「桜の園」出演者

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.4/4「桜の園」出演者

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV「桜の園」が、2020年4月4日から29日に東京・Bunkamuna シアターコクーンにて上演される。

本作は、シス・カンパニーとケラリーノ・サンドロヴィッチがタッグを組み、アントン・チェーホフの四大戯曲を上演するシリーズの第4弾。2013年上演「かもめ」、2015年上演「三人姉妹」、2017年上演「ワーニャ伯父さん」とシリーズを重ね、最終章として「桜の園」が登場する。

19世紀末のロシアで、桜の木々に囲まれたある美しい邸宅に女主人ラネーフスカヤ夫人が戻ってきた。今や没落した貴族のラネーフスカヤ夫人だが、現実離れした金銭感覚で浪費を止めることができず……。

ラネーフスカヤ夫人を大竹しのぶが演じるほか、シャルロッタを宮沢りえ、トロフィーモフを井上芳雄、ワーリャを黒木華、アーニャを杉咲花、さらにラネーフスカヤ夫人の兄ガーエフを山崎一、元農奴の商人ロパーヒンを生瀬勝久が演じる。チケットの一般販売は2月22日にスタート。

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.4/4「桜の園」

2020年4月4日(土)~29日(水・祝)
東京都 Bunkamuna シアターコクーン

作:アントン・チェーホフ
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:大竹しのぶ宮沢りえ井上芳雄黒木華杉咲花鈴木浩介野間口徹藤田秀世西尾まり半海一晃山崎一生瀬勝久

ステージナタリーをフォロー