黙認された“暴力”あぶり出す、オスターマイアー「暴力の歴史」開幕

116

「暴力の歴史」が、本日10月24日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスで開幕した。

「暴力の歴史」より。(撮影:引地信彦 Nobuhiko Hikiji)

「暴力の歴史」より。(撮影:引地信彦 Nobuhiko Hikiji)

大きなサイズで見る(全6件)

「暴力の歴史」より。(撮影:引地信彦 Nobuhiko Hikiji)

「暴力の歴史」より。(撮影:引地信彦 Nobuhiko Hikiji)[拡大]

東京芸術祭のメイン演目の1つ「暴力の歴史」は、ドイツの演出家トーマス・オスターマイアーが、フランスの作家エドゥアール・ルイの同名小説を舞台化したもの。ゲイの主人公の身に起きたレイプ被害と、それに対する周囲の反応を通し、差別や偏見など、黙認された可視化できない“暴力”があぶり出される。

上演時間は休憩なしの約2時間15分で、公演は10月26日まで。なお本作には一部、性的・暴力的な表現が含まれる。

この記事の画像(全6件)

「暴力の歴史」

2019年10月24日(木)~26日(土)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

原作:エドゥアール・ルイ
演出:トーマス・オスターマイアー
出演:クリストフ・ガヴェンダ、ラウレンツ・ラウフェンベルク、レナート・シュッフ、アリーナ・シュティーグラー

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

トーマス・オスターマイアーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 トーマス・オスターマイアー / 松井周 / 山田由梨 / 大森靖子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします