文学座2020年のラインナップ発表、本公演にマキノノゾミ作品・鄭義信作品

174

2020年に実施される、文学座の公演ラインナップが発表された。

文学座ロゴ

文学座ロゴ

大きなサイズで見る

本公演には、マキノノゾミ作、西川信廣演出による「昭和虞美人草」や、鄭義信作、松本祐子演出による「五十四の瞳」といった演目が並び、アトリエの会では岸田國士作「歳月 / 動員挿話」や、つかこうへい作、稲葉賀恵演出による「熱海殺人事件」が上演される。なお「歳月」の演出は西本由香、「動員挿話」の演出は所奏が手がける。

さらに地方公演には、松本が演出を手がける「大空の虹を見ると私の心は躍る」、鵜山仁が演出補として参加する「女の一生」がラインナップされた。

2020年文学座公演ラインナップ

アトリエの会「歳月 / 動員挿話」

2020年3月17日(火)~29日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:岸田國士
演出:西本由香(「歳月」)、所奏(「動員挿話」)

アトリエの会「熱海殺人事件」

2020年4月28日(火)~5月10日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:つかこうへい
演出:稲葉賀恵

※2020年4月7日追記:「熱海殺人事件」は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

「昭和虞美人草」

2020年6月9日(火)~17日(水)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:マキノノゾミ
演出:西川信廣

「五十四の瞳」

2020年11月7日(土)~15日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:鄭義信
演出:松本祐子

アトリエの会「ガールズ・イン・クライシス」

2020年12月4日(金)~16日(水)
東京都 文学座アトリエ

作:アンネ・レッパー
訳:小畑和奏
演出:生田みゆき

地方公演

「大空の虹を見ると私の心は躍る」

2020年7~9月
四国、中部、北陸、長野

作:鄭義信
演出:松本祐子

「女の一生」

2020年9~10月
東北、神奈川

作:森本薫
演出・補訂:戌井市郎
演出補:鵜山仁

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク