宮城聰構成・演出、SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演スタート

39

SPAC「アンティゴネ」のアメリカ・ニューヨーク公演が、9月25日にパーク・アベニュー・アーモリーで開幕した。

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)

大きなサイズで見る(全6件)

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)[拡大]

SPACの芸術総監督・宮城聰が構成・演出を手がける本作は、フランス・アビニョン演劇祭のオープニング作品として披露された作品。今回は、ニューヨークやワシントンを中心に開催されている「Japan 2019」の公式企画として上演される。

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)

SPAC「アンティゴネ」ニューヨーク公演より。(Photo by Stephanie Berger)[拡大]

会場となるパーク・アベニュー・アーモリーには、アビニョン法王庁中庭での公演とほぼ同じ規模の水を張った舞台が設置され、壁面に俳優の影を映し出す演出が再現された。

上演時間は約1時間45分。公演は10月6日まで。なお本作は、英語字幕付きで日本語上演される。

※初出時より、本文の表現を一部変更しました。

この記事の画像(全6件)

SPAC「アンティゴネ」

2019年9月25日(水)~10月6日(日)
アメリカ パーク・アベニュー・アーモリー

構成・演出:宮城聰
作:ソポクレス
訳:柳沼重剛

出演:美加理、本多麻紀、赤松直美、阿部一徳、石井萠水、大内米治、大高浩一、加藤幸夫、貴島豪、小長谷勝彦、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、武石守正、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、野口俊丞、布施安寿香、三島景太、宮城嶋遥加、森山冬子、山本実幸、吉植荘一郎、吉見亮、若菜大輔、渡辺敬彦

全文を表示

関連記事

SPACのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 SPAC / 宮城聰 / 美加理 / 阿部一徳 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします