“ダンスの包容力に身を委ねる場”目指すMOFの「We’ll dance a dance 2」

36

MOF「We’ll dance a dance 2」が、9月21・22日に東京・APOCシアターで上演される。

過去公演「We'll dance a dance」より。(撮影:影山あやの)

過去公演「We'll dance a dance」より。(撮影:影山あやの)

大きなサイズで見る

MOFは日本女子体育大学や東京大学出身のメンバーが、“ダンスの包容力に身を委ねる場”を目指して結成した団体。本公演では藤崎香菜を中心とした“短編集”「スイマーズ・イン・ガムシロップ」、Webアンケートをもとに創作された諸岡美里振付「思い出と呼ぶには拙いなあ」の2本立てが披露される。

MOF単独公演「We’ll dance a dance 2」

2019年9月21日(土)・22日(日)
東京都 APOCシアター

「スイマーズ・イン・ガムシロップ」

振付・出演:安藤行宥、稲永真守梨、津田啓仁、馬場絢子、藤崎香菜

「思い出と呼ぶには拙いなあ」

振付:諸岡美里
振付・出演:青木愛、伊藤香菜、菊池たまみ、鈴木春香、藤崎香菜

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします