松原俊太郎が文学座に書き下ろす「メモリアル」、演出は今井朋彦

187

文学座12月アトリエの会「メモリアル」が、12月3日から15日まで東京・文学座アトリエで上演される。

文学座12月アトリエの会「メモリアル」チラシ表

文学座12月アトリエの会「メモリアル」チラシ表

大きなサイズで見る(全4件)

本作は、第63回岸田國士戯曲賞を受賞した松原俊太郎の新作。俳優の今井朋彦が演出を手がけ、太田志津香、上田桃子、前東美菜子、神野崇、山森大輔萩原亮介が出演する。なお、松原が文学座に作品を書き下ろすのは今回が初となる。

登場人物は花嫁、独身者、娘、入国者、取次者、相続人の6人とその他大勢。それぞれの行く末を抱えた人々は交差点の真ん中で“衝突”し……。チケットの前売りは、11月1日にスタートする。

この記事の画像(全4件)

文学座12月アトリエの会「メモリアル」

2019年12月3日(火)~15日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:松原俊太郎
演出:今井朋彦
出演:太田志津香、上田桃子、前東美菜子、神野崇、山森大輔萩原亮介

リンク

関連する特集・インタビュー

関連記事