ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

三重県文化会館の2019年度ラインナップ発表

54

三重県文化会館 2019年度イベントカレンダー外面

三重県文化会館 2019年度イベントカレンダー外面

三重・三重県文化会館の2019年度ラインナップが発表された。

7月14・15日には三重県に拠点を置く第七劇場の「ワーニャ伯父さん」が上演されるほか、9月28日・29日には俳優で介護福祉士の菅原直樹と三重県文化会館によるOiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト「老いのプレーパーク」の発表公演が実施され、12月14・15日には「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した村田沙耶香とサンプル松井周が共作する、inseparable「変半身(かわりみ)」が上演される。さらに“Mゲキセレクション”には庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却の儀」が選出された。上演は来年2020年3月7・8日だ。

また三重県文化会館を擁する三重県総合文化センターは、今年2019年に開館25周年を迎える。これを記念する事業として、4月9日には岩井秀人作・演出のパルコ・プロデュース「世界は一人」、8月24・25日に「ロロいつ高シリーズ 2本立て公演」、来年2020年1月10日に二兎社公演43「私たちは何も知らない」などがラインナップされた。

このほか7月20日に「納涼 茂山狂言会 特別三重公演」、7月30日に「華麗なるクラシックバレエ・ハイライト~ロシア4大バレエ劇場の競演~」、9月20日に劇団四季ミュージカル「エビータ」、10月17日に「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019(仮)」、11月10日「トリエステ・ヴェルディ歌劇場 オペラ『椿姫』」、2月29日・3月1日に烏丸ストロークロック「まほろばの景2020」、3月28・29日に「三重・演劇ラボ2020・烏丸ストロークロック ホニホニマー舎『超現代』試演会II」などが上演される予定だ。

ステージナタリーをフォロー