ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

烏丸ストロークロック「まほろばの景」集大成となる長編が東京へ

49

ロームシアター京都セレクション / 芸劇eyes 烏丸ストロークロック「まほろばの景」より。(撮影:東直子)

ロームシアター京都セレクション / 芸劇eyes 烏丸ストロークロック「まほろばの景」より。(撮影:東直子)

烏丸ストロークロック「まほろばの景」の京都公演が、2月9日から昨日11日まで京都・ロームシアター京都 ノースホールで行われた。

昨年2017年7月に宮城で滞在制作された「短編:まほろばの景」からスタートし、9・10月に東京と京都で「音楽と物語『まほろばの景』」、10月には広島で「短編:まほろばの密」が上演された「まほろばの景」シリーズ。これらの集大成として、今回京都と東京で上演されるのが、長編「まほろばの景」だ。交ざりあうことをテーマに制作されてきた本作では、故郷を失った男が理想郷を求めるさまが描かれる。

上演にあたって、作・演出を手がける柳沼昭徳は「『いきにくさ』を強く感じている人びとを描きました。私もそうですが、誰しもみんな、自分ではない誰かや社会に、理解されにくい、理解されない、理解しようともしないなかで『いきにくさ』を感じています」と作品に込めた思いを明かすと共に、「花を見るように、風を聞くように、土を嗅ぐように、山を仰ぐように、この作品があれば幸いです」と観客にメッセージを送った。

東京公演は3月1日から4日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて行われる。

柳沼昭徳コメント

「いきにくさ」を強く感じている人びとを描きました。
私もそうですが、誰しもみんな、自分ではない誰かや社会に、理解されにくい、理解されない、理解しようともしないなかで「いきにくさ」を感じています。
みんな我慢している。のみこみ、いなして生きている。
みんながそうやっているから、あなたもわたしもそうあるべき。
言われたわけじゃないけれど、感じる、声がする、心に。
心が憎い。「いきにくさ」を感じる心が憎い。
そういう一心でこの作品を作りました。
花を見るように、風を聞くように、土を嗅ぐように、山を仰ぐように、この作品があれば幸いです。

ロームシアター京都セレクション / 芸劇eyes 烏丸ストロークロック「まほろばの景」

2018年2月9日(金)~11日(日・祝)※公演終了
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

2018年3月1日(木)~4日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:柳沼昭徳
音楽・演奏:中川裕貴
出演:阪本麻紀、澤雅展 / 角谷明子、小菅紘史、小濱昭博、松尾恵美

ステージナタリーをフォロー