ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中島かずき脚本の劇場アニメ「プロメア」に古田新太「汗だくで演じました」

302

ケンドーコバヤシ(左上)、古田新太(右上)。

ケンドーコバヤシ(左上)、古田新太(右上)。

中島かずきが脚本を担当したオリジナル劇場アニメーション「プロメア」に、古田新太が声優として出演することがわかった。

古田が演じるのは、謎に包まれた科学者デウス役。中島から「今回難しい役だけどゴメンね」と言われてオファーされたことを明かす古田は、出演に際し「台本を読んだら正にかずきさんの脚本らしく、でした。小難しい言葉がいっぱいあって(笑)汗だくで演じさせていただきました。皆様、劇場で一緒に燃え上がりましょう!」とファンにメッセージを送った。また、お笑い芸人のケンドーコバヤシがネズミのビニー役で出演することが明かされ、併せて、本作のキービジュアルも発表された。

今石洋之が監督を務める「プロメア」は、スタジオ・XFLAGとアニメーション制作会社・TRIGGERがタッグを組んで製作する劇場版アニメ。声優陣には消防隊・バーニングレスキューの新人隊員であるガロ・ティモス役の松山ケンイチ、ガロの宿敵となるリオ・フォーティア役の早乙女太一、ガロの上司であるクレイ・フォーサイト役の堺雅人らが名を連ねている。「プロメア」は5月24日に全国でロードショー。

古田新太コメント

デウスの役は(中島)かずきさんから「今回難しい役だけどゴメンね」と言われてオファーされました。台本を読んだら正にかずきさんの脚本らしく、でした。小難しい言葉がいっぱいあって(笑)汗だくで演じさせていただきました。皆様、劇場で一緒に燃え上がりましょう!

中島かずきコメント

追加のキャストも濃いですよ。古田くんもケンコバさんも、かなり飛び道具な役でお願いしています。お二人の活躍はぜひとも劇場で! 僕も完成が待ち遠しいです。皆様もあと少し、お待ちください!

(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

ステージナタリーをフォロー