ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

大竹野正典作品を新たに立ち上げる、詩森ろば演出「夜が掴む」開幕

69

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が掴む」より。(撮影:青木司)

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が掴む」より。(撮影:青木司)

オフィスコットーネプロデュース「夜が掴む」が、2月2日に東京・シアター711で開幕した。

本作は、大竹野正典の没後10年記念公演の第2弾。1974年に起きたピアノ騒音殺人事件から着想を得て大竹野が執筆した「夜が掴む」を、詩森ろばの演出で新たに立ち上げる。出演には山田百次有薗芳記町田マリー柿丸美智恵杉木隆幸異儀田夏葉西澤香夏塩野谷正幸が名を連ねた。

上演時間は約1時間40分。公演は2月12日まで。なお本公演は、第29回下北沢演劇祭の参加作品にもラインナップされている。

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が掴む」

2019年2月2日(土)~12日(火)
東京都 シアター711

作:大竹野正典
演出:詩森ろば
プロデューサー:綿貫凜
出演:山田百次有薗芳記町田マリー柿丸美智恵杉木隆幸異儀田夏葉西澤香夏塩野谷正幸

※夜が掴むの「掴」はてへんに國が正式表記。

ステージナタリーをフォロー