ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

片岡愛之助「巡業大好き」、「松竹大歌舞伎」西コース製作発表で意気込み語る

65

「松竹大歌舞伎」西コース製作発表より。片岡愛之助。

「松竹大歌舞伎」西コース製作発表より。片岡愛之助。

8月から9月にかけて全国の会場で上演される「松竹大歌舞伎」西コースの製作発表が、本日5月25日に東京都内で行われた。

「松竹大歌舞伎」は、全国公立文化施設協会が主催する巡業公演。今年の西コースでは「義経千本桜 道行初音旅(みちゆきはつねのたび)」、「義経千本桜 川連法眼館(かわつらほうげんやかた)」が上演される。

会見には片岡愛之助、全国公立文化施設協会の松本辰明専務理事、松竹の安孫子正取締役副社長が登壇。愛之助はまず「座頭を勤めさせていただくこと、非常にありがたく思っております」と挨拶し、「巡業は大好き」と明かす。また今回勤める佐藤忠信役について「『吉野山(道行初音旅)』は何度か勤めさせていただいたことがあり、舞踊会やいろんな公演でやらせていただいたことがあるんですけれども、『四の切(川連法眼館)』のほうは初役でございまして、今回『吉野山』と『四の切』で続けて佐藤忠信を勤めさせていただくというのは本当にありがたいことでございます」と感慨を語った。

また、「長い出し物の中から一部だけ抜粋して上演されることによって、前後の人間関係やストーリーがなかなかわからないから『歌舞伎って難しいな』と言われるわけなので、お話がわかるようにしたほうがいいんじゃないかと思いまして」と切り出し、「『道行』から上演させていただくことにより、よりわかっていただけるんじゃないかなと思って、そのように提案いたしました」と裏話を明かした。

さらに体力面についても言及。「昼夜2回公演ということになっておりますので、体をしっかり鍛えて、巡業に備えます。今回、この忠信は(中村)又五郎のお兄さんにならって勤めたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします」と意気込みを語り、会見を締めくくった。

平成30年度(公社)全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」西コース

2018年8月31日(金)~9月25日(火)

演目

一、「義経千本桜 道行初音旅(みちゆきはつねのたび)」
出演:片岡愛之助中村壱太郎市川猿弥

二、「義経千本桜 川連法眼館(かわつらほうげんやかた)」
出演:片岡愛之助、中村壱太郎、市川猿弥、中村寿治郎、上村吉弥、中村松江、市川門之助

ステージナタリーをフォロー