ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「松竹大歌舞伎」西コース、片岡仁左衛門が「義経千本桜」への思い語る

213

「松竹大歌舞伎」西コースの製作発表より、片岡仁左衛門。

「松竹大歌舞伎」西コースの製作発表より、片岡仁左衛門。

4月に全国で上演される「松竹大歌舞伎」西コースの製作発表が、昨日2月18日に東京都内で行われた。

「松竹大歌舞伎」は、全国公立文化施設協会が主催する巡業公演。今回の西コースでは「正札附根元草摺」と、「義経千本桜」の3段目から「木の実」「小金吾討死」「すし屋」が上演される。

製作発表には、「義経千本桜」で、いがみの権太役を勤める片岡仁左衛門が出席。仁左衛門は「巡業、とても楽しみにしています。というのも、この巡業公演というのは、東京・大阪・京都などの都市の劇場に足を運ぶことが難しい方々にもご覧になっていただける機会だからです。私たち歌舞伎俳優は、先人たちが残してきた芸を受け継いでいく使命がありますし、そのためには、歌舞伎を見たことのない方々にも初めてご覧になっていただき、ファンを増やしていくことが大切だと思っています」と思いを述べる。

さらに仁左衛門は「今回自分が演じる『義経千本桜 すし屋』は様々な愛が感じられる作品。親子愛・主従の愛・義理人情などを強く感じられるので、そこが見どころだと思います。『ああ、観に来てよかったなあ』と感じていただけるように、精一杯勤めて参りたいです」と意気込みを語った。

2020年度(公社)全国公立文化施設協会主催「松竹大歌舞伎」西コース

2020年4月1日(水)~26日(日)

演目

一、「正札附根元草摺」
曽我五郎時致:中村橋之助
小林妹舞鶴:中村壱太郎

二、「義経千本桜」
いがみの権太:片岡仁左衛門
弥助実は三位中将維盛:片岡孝太郎
お里:中村壱太郎
主馬小金吾:中村橋之助
弥左衛門女房お米:中村梅花
猪熊大之進:片岡松之助
若葉の内侍:澤村宗之助
権太女房小せん:上村吉弥
梶原平三景時:市川男女蔵
鮓屋弥左衛門:坂東彌十郎

ステージナタリーをフォロー