ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

樋口有介の小説を佃典彦が戯曲化、小宮孝泰プロデュース「亀と観覧車」

35

小宮孝泰プロデュースvol.8「亀と観覧車」チラシ表

小宮孝泰プロデュースvol.8「亀と観覧車」チラシ表

「亀と観覧車」が、6月22日から7月1日まで東京・小劇場楽園で上演される。

小宮孝泰がプロデュースを手がける本作は、樋口有介の小説「亀と観覧車」の舞台化作品。脚本・演出を劇団B級遊撃隊の佃典彦が手がけ、ヒロインを夏八木映美子と安川里奈がWキャストで演じる。

原作の小説では、ホテルの清掃員として働きながら高校に通う16歳の涼子が、セレブが集う“クラブ”での初老の男との出会いをきっかけに、人生を変えていく姿が描かれている。チケットは4月21日発売。

小宮孝泰プロデュースvol.8「亀と観覧車」

2018年6月22日(金)~7月1日(日)
東京都 小劇場楽園

原作:樋口有介(中央公論新社)
脚本・演出:佃典彦
出演:小宮孝泰 / 夏八木映美子(Wキャスト)、安川里奈(Wキャスト)

ステージナタリーをフォロー