ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

花組芝居「毛皮のマリー」梅組キャスト版が衛星劇場でテレビ初放送

138

「花組芝居 実験浄瑠璃『毛皮のマリー』」より。(撮影:宮内勝)

「花組芝居 実験浄瑠璃『毛皮のマリー』」より。(撮影:宮内勝)

花組芝居 実験浄瑠璃『毛皮のマリー』梅組キャストver.」が3月11日16:00からCS衛星劇場でテレビ初放送される。

寺山修司生誕80周年を記念して2015年に上演された本作。寺山の戯曲「毛皮のマリー」を原作に加納幸和が脚本・演出を手がけ、梅組と菊組のWキャストで上演された。今回放送される梅組キャストバージョンでは原川浩明松原綾央押田健史大井靖彦山下禎啓二瓶拓也桂憲一らが出演している。

40歳の男娼・毛皮のマリーは、息子として育てている少年・欣也と下男と共に暮らしていた。マリーは欣也を決して外に出さなかったが、ある日、少女・紋白がマリーたちの部屋に闖入し、欣也を「外の世界に行こう」と誘惑する。なおCS衛星劇場では、3月30日8:30から本作を再放送する。

CS衛星劇場「花組芝居 実験浄瑠璃『毛皮のマリー』梅組キャストver.」

2018年3月11日(日)16:00~18:30

作:寺山修司
演出・脚本:加納幸和
作曲:鶴澤津賀寿、杵屋邦寿
監修:寺山偏陸

出演:谷山知宏丸川敬之堀越涼原川浩明松原綾央押田健史大井靖彦山下禎啓二瓶拓也北沢洋横道毅磯村智彦小林大介桂憲一

※2018年3月30日(金)8:30~11:30に再放送。

ステージナタリーをフォロー