ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

清く、妖しく、美しく!古谷大和らが身も心も脱ぎ捨てる「ストリップ学園」開演

976

左から小林顕作、芹沢尚哉、古谷大和、石田隼、藤原祐規。

左から小林顕作、芹沢尚哉、古谷大和、石田隼、藤原祐規。

澤田育子が脚本・演出を手がける、ハダカ座「ストリップ学園」が昨日1月12日に東京・新宿FACEにて開幕。これに先駆け、ゲネプロが昨日行われた。

拙者ムニエル / good morning N°5のメンバーとして活動する澤田と、「極上文學」などを手がけるCLIEがタッグを組んで挑む本作は、一流のストリッパーを目指す少女たちが集う“ストリップ学園”を舞台とした物語。ストリッパーの母親を持つ葉子役を石田隼、ストリッパーに憧れて田舎から出てきたラン役を古谷大和、高収入のためにストリッパーを目指す朋美役を芹沢尚哉、名家の令嬢・姫華役を藤原祐規が演じるほか、拙者ムニエルの千代田信一や、カムカムミニキーナ / good morning N°5の藤田記子、シンガーソングライターの中村中小林顕作ら個性的な面々がキャストに名を連ねている。

“アゲハ”という伝説のストリッパーの称号を目指し、“ストリップ学園”でストリッパーのいろはを学ぶランたち。彼女たちはそれぞれの生い立ちや境遇に悩みながらも、よきライバルとして腕を磨いていた。入学して間もなく、ランは出入り業者の青年・喜三郎と出会い、恋に落ちる。しかしそんなある日、ランは教官の村沢から「このままだと落第だ」と告げられてしまい……。

4面を客席に囲まれた中央のステージは回り舞台になっており、踊り子たちのパフォーマンスをさまざまな角度から楽しむことができる。またリボン投げといった、ストリップ劇場さながらの趣向を凝らした演出も見どころの1つ。メインキャストの4人は、時に少女のように初々しく、時に大人の色香を放ちながら、ストリッパーを目指す少女たちを熱演し、小林は伝説のストリッパーをはじめとするさまざまな役柄を器用に演じ分ける。さらに藤田の身体を張った演技や、“コメディカルロックバンド”山下総合病院のメンバーとして知られるロッキン=ヨーコのパフォーマンスにも注目したい。

ゲネプロ後取材に応じた小林は「澤田さんのお芝居は『出るものじゃない、観るものだ』と改めて思いましたね(笑)。若い子たちがものすごく一生懸命がんばってくれているので、その力に後押しされて僕も今日までやってこられました。でもまだちょっぴり(出演を承諾したことを)後悔しています(笑)」と冗談めかしながらコメント。古谷は、メインキャストと共にストリップ劇場を実際に訪れたことを明かし、「千秋楽が来てしまうことがもうすでに寂しいと思うくらい、いい座組だなと思います。出会えてよかったなと思える人ばかり。本番でお客さんにどんなふうに届けられるのか、今からすごく楽しみです」と笑顔を見せる。

続く石田は「キャスト、スタッフ一同、全力で汗を流して精一杯がんばってきました。ハダカ座公演がこれからも続いていけばいいなと思います」と展望を語り、藤原は「初日からものすごい量の情報を詰め込んで、死にそうになりながらここまでやってきました(笑)。全部絞り出して、限界のその先にあるものをお客さんに見せたいと思います」と意気込みを述べる。また座組で最年少の芹沢は「心と身体を丸裸にするというのがテーマになっているので、キャストの僕らがお客さんを先導できるように、1公演1公演魂を込めて演じたいです」と気合十分の様子で語った。

そして澤田は「自分の好きなものだけを作品に詰め込みました。この作品をやらせてくださったCLIEさんや、へんてこりんな設定にも関わらず、迷わず全力で取り組んでくれたかわいい子たちには本当に感謝しています。身体だけでなく、“精神的なストリップ”と言うんでしょうか。みんなの“剥き出し感”を楽しんでいただければ」と本作の見どころを語りつつ、ハダカ座公演第2弾へ意欲を見せた。

上演時間は休憩なしの約2時間。公演は1月20日まで。本作のDVDは7月25日に発売予定で、1月19日15:00から3月31日まで、動画配信サービス・Rakuten TVにて公演の模様が配信される。

ハダカ座公演 vol.1「ストリップ学園」

2018年1月12日(金)~20日(土)
東京都 新宿FACE

脚本・演出:澤田育子
音楽:金子隆博
振付:竹森徳芳
出演:石田隼古谷大和芹沢尚哉藤原祐規 / 千代田信一 / 藤田記子 / 久保田南美、境秀人、野口裕樹、岩男海史、ロッキン=ヨーコ / 中村中(特別出演、歌)/ 小林顕作

(c)2017CLIE

ステージナタリーをフォロー