鵜山仁演出、こまつ座「父と暮せば」父娘役に山崎一・伊勢佳世

111

こまつ座「父と暮せば」が、6月に東京・俳優座劇場で上演される。

こまつ座 第122回公演「父と暮せば」速報チラシ

こまつ座 第122回公演「父と暮せば」速報チラシ

大きなサイズで見る

1994年に初演された「父と暮せば」は、通算上演回数500回を越すこまつ座のレパートリー作品。原爆で父を亡くした娘と、幻となって現れた父とのやり取りが描かれ、演出を鵜山仁が担当する。父・福吉竹造役を演じるのは山崎一。娘・福吉美津江役には伊勢佳世がキャスティングされた。

出演に際して山崎は「恐らく井上作品の中で最も有名な作品であり、かつ最高傑作でもあるこの作品に出演させて頂くことは大変な光栄であり、また同時に大きなプレッシャーでもあります。しかし未熟ながら全力を尽くそうと思っています」と意気込みを述べ、伊勢は「初めて共演する山崎一さんと、どんなコンビになるのか、私自身、一番ワクワクしております」と心境を語った。チケットの一般前売りは4月に開始される予定。

山崎一コメント

恐らく井上作品の中で最も有名な作品であり、かつ最高傑作でもあるこの作品に出演させて頂くことは大変な光栄であり、また同時に大きなプレッシャーでもあります。
しかし未熟ながら全力を尽くそうと思っています。
なぜなら、この作品はいま上演されなければならない作品だと思うからです。
どうか温かい目で見て下さい。
そして出来れば多くの人に「今」観て欲しいのです。
人間が同じ過ちをまた繰り返さないためにも!

伊勢佳世コメント

尊敬する役者さん達が演じられてきた「父と暮せば」。お話しを頂いた時は、嬉しさよりも身の引き締まる思いになりました。
これまで、こまつ座では戦争を題材にした作品を二作品演らせていただき、その度に、戦中の作品を演じることの難しさを感じていました。今作もその難しさはひとしおですが、愛おしく、大切に挑もうと思っています。
初めて共演する山崎一さんと、どんなコンビになるのか、私自身、一番ワクワクしております。

こまつ座 第122回公演「父と暮せば」

2018年6月5日(火)~17日(日)
東京都 俳優座劇場

作:井上ひさし
演出:鵜山仁
出演:山崎一伊勢佳世

※初出時より、公演日程を追記しました。

全文を表示

関連記事

こまつ座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 こまつ座 / 山崎一 / 伊勢佳世 / 井上ひさし / 鵜山仁 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします