東京芸術祭2018プランニングチーム発足、多田淳之介らがディレクターに就任

257

「東京芸術祭2018」の記者会見が本日11月29日に東京・自由学園 明日館にて行われた。

東京芸術祭2018のプランニングチームメンバー。左から横山義志、多田淳之介、内藤美奈子、総合ディレクターの宮城聰、根本晴美、杉田隼人。

東京芸術祭2018のプランニングチームメンバー。左から横山義志、多田淳之介、内藤美奈子、総合ディレクターの宮城聰、根本晴美、杉田隼人。

大きなサイズで見る

東京芸術祭とは、東京都の提案により行われる都市型総合芸術祭。芸術文化によって東京の活力を高め、社会の仕組みを考え直す契機とするとともに、多様な芸術文化を集結して東京の魅力を世界に浸透させていくことを目指して行われる。

既報の通り、2018年から2020年まで東京芸術祭総合ディレクターとして宮城聰が就任。その実施に向けて、このたびプランニングチームの設置が発表され、メンバーとして直轄事業ディレクターに横山義志、芸劇オータムセレクションディレクターに内藤美奈子、としま国際アート・カルチャー都市発信プログラムディレクターに根本晴美と杉田隼人、APAFディレクターに多田淳之介が名を連ねた。

また、東京芸術祭2018プログラムとして、2018年10月に東京・池袋西口公園にて「野外劇 三文オペラ」の上演を予定していることを発表。演出をイタリアの演出家ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティが務め、全キャストをオーディションで選出することを明らかにした。なおステージナタリーでは、後ほど会見の模様をレポートする。

関連記事

宮城聰のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 宮城聰 / 多田淳之介 / 横山義志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします