「ハッチの下に死体が」“関係性の中で起こる事件”描くトリコ・A「私の家族」

トリコ・A「私の家族」が、2018年1月18日から21日まで東京・シアター風姿花伝で上演される。

トリコ・A 演劇公演2018「私の家族」チラシ表

トリコ・A 演劇公演2018「私の家族」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

サファリ・Pとトリコ・A、2つのカンパニーを持つ山口茜が、昨年2016年10月にワークインプログレス形式で上演した30分の作品をもとに長編を創作。カヤは常連客仲間であるハツミに誘われ、5年前まで頻繁に通っていた喫茶店に顔を出すが、ハツミがなかなか姿を現さない。やっと電話がつながると、彼女は「ハッチの下に死体がある」と言い……。

山口は「私一人の問題で起きる事件ではなく、複数の人間の関係性の中で起こる事件を描いてみたかった」と上演意図を明かし、そのために「とある事件の設定を借ります」とコメントしている。

山口茜コメント

私が加害者だったかもしれないと、考えずにはおれない事件を時折目にします。それをこれまで何度も作品にしようとして、掴みきれない苦しみを味わってきました。おそらく私は、私一人の問題で起きる事件ではなく、複数の人間の関係性の中で起こる事件を描いてみたかったのです。今回はそれを果たすために、とある事件の設定を借ります。単純でメロドラマ的な思考が、関係性の中で支配的な力を持ってしまったそのプロセスが、「私にも起こりえたかもしれない」と思えるのです。
この感覚を捉えるために、細かく丁寧に、人間関係を描くことに集中したいと思います。

この記事の画像(全2件)

トリコ・A 演劇公演2018「私の家族」

2018年1月18日(木)~21日(日)
東京都 シアター風姿花伝

作・演出:山口茜
出演:藤野節子、中田春介、藤原大介、吉岡あきこ長尾純子、昇良樹

全文を表示

関連記事

山口茜のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山口茜 / 中田春介 / サファリ・P / 吉岡あきこ / 長尾純子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします