ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

MIKIKO・森山未來・石川直樹・笠井叡が振付、森下真樹が「運命」全楽章を踊る

543

「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る~4人の振付家が1人のダンサーの身体を通して描きだす『運命』~」告知ビジュアル

「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る~4人の振付家が1人のダンサーの身体を通して描きだす『運命』~」告知ビジュアル

「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る~4人の振付家が1人のダンサーの身体を通して描きだす『運命』~」が、12月1日から3日まで東京・森下スタジオで上演される。

本企画は、2016年に森下真樹が岐阜・可児文化創造センターにて「オーケストラで踊ろう!運命(市民参加企画)」の構成・演出・振付を手がけたことをきっかけに、今度は自身の身体を通して、ベートーヴェン「交響曲第5番『運命』」の全4楽章をダンス作品にしようというもの。振付は第1楽章をMIKIKO、第2楽章を森山未來、第3楽章を写真家の石川直樹、第4楽章を笠井叡が担当する。

ワークインプログレス公演としての側面もある今回の企画、今後はオーケストラなどとのコラボレーションも想定しているという。上演時間はトークを含む約60分を予定。

「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る~4人の振付家が1人のダンサーの身体を通して描きだす『運命』~」

2017年12月1日(金)~3日(日)
東京都 森下スタジオ

振付:MIKIKO、森山未來、石川直樹、笠井叡
出演:森下真樹

ステージナタリーをフォロー