森下真樹+岐阜県美術館「運命」をYouTubeで公開

292

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」が、3月20日から期間限定でYouTubeにて公開中だ。

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」より。

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」より。

大きなサイズで見る(全3件)

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」より。

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」より。[拡大]

本作は、「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る~4人の振付家が1人のダンサーの身体を通して描きだす『運命』~」のタイトルで2017年に初演された森下真樹のソロ作品を、岐阜県美術館リ・クリエイション版として新たに立ち上げたもの。ベートーヴェン「交響曲第5番『運命』」の全4楽章を、第1楽章がMIKIKO、第2楽章が森山未來、第3楽章が写真家の石川直樹、第4楽章が笠井叡の振付でダンス化している。

今作は3月20・21日に岐阜・岐阜県美術館で上演予定だったが、新型コロナウイルス感染症対策のため中止に。その後、新たに映像配信が決定して、森下は岐阜で滞在制作を行い、作品を再構築した。

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」のYouTubeでの公開期間は6月14日まで。

この記事の画像・動画(全3件)

森下真樹+岐阜県美術館「ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』を贈る」

2020年3月20日(金・祝)・21日(土)
岐阜県 岐阜県美術館
 
振付:MIKIKO、森山未來、石川直樹、笠井叡
出演:森下真樹

※本公演は新型コロナウィルスの影響で中止となりました。

全文を表示

関連記事

森下真樹のほかの記事

リンク

(c)2020 森下真樹+岐阜県美術館

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 森下真樹 / 森山未來 / 笠井叡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします