ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

女優から大統領夫人へ……水夏希らタンゴに乗せて描くエビータの生涯

89

「ラストダンス-ブエノスアイレスで。 聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」が9月28日から10月9日に東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERで上演される。

本作は“エビータ”の愛称で親しまれたアルゼンチンの女優、エバ・ペロンの人生を題材にした作品。小さな田舎町で生まれた彼女が女優を目指し、フアン・ペロン大統領との結婚を経て、ファーストレディとして活動を行った生涯をタンゴに乗せて描き出す。脚本・作詞・演出を手がけるのは石丸さち子。キャストには水夏希福井貴一伊万里有大村俊介(SHUN)が名を連ね、渡辺公章と大西孝明が生演奏で物語を彩る。

「ラストダンス-ブエノスアイレスで。 聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」

2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

脚本・作詞・演出:石丸さち子
出演:水夏希福井貴一伊万里有大村俊介(SHUN)
演奏:渡辺公章(バンドネオン)、大西孝明(ギター)

ステージナタリーをフォロー