ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「王家の紋章」バージョンアップ!浦井健治の新シーンに新妻聖子身悶え

1053

ミュージカル「王家の紋章」出演者。左からキャロル役の宮澤佐江、メンフィス役の浦井健治、キャロル役の新妻聖子。

ミュージカル「王家の紋章」出演者。左からキャロル役の宮澤佐江、メンフィス役の浦井健治、キャロル役の新妻聖子。

ミュージカル「王家の紋章」が明日4月8日に東京・帝国劇場にて開幕。これに先がけ本日4月7日にメンフィス役の浦井健治、キャロル役の新妻聖子宮澤佐江が取材に応じた。

昨年2016年8月に行われた初演の公演初日に、再演が発表された本作。同キャストでわずか半年での再演を迎えるにあたり、宮澤は「また帝国劇場の舞台に立てるのが夢のよう。このうれしさをキャロル役に生かしていきたい」と意気込む。新妻は「丁寧に稽古ができた手応えがあるので、より良い作品になっていると自信を持ってます」と胸を張った。

浦井いわく「新生といっても過言ではない」という再演版は、演出・舞台装置・衣装もバージョンアップ。シーンの追加とカットもあるという。「王家の紋章」ファンの“王族”である新妻は、「個人的に原作で私が一番好きな、メンフィスの『私を見て、初めて笑ったな。もう一度笑え、私の腕の中で』というセリフが新たに盛り込まれました……!」と大興奮。「キャロルが笑うとメンフィスが本当にうれしそうな顔をするんです。メンフィスの純粋さを表してるなって。マンガではほっぺに線が入ってる赤くなって照れてるようなメンフィスの顔を、浦井さんが再現してくださって……」と続け、そのシーンに浦井のアドリブで、「ういやつ」とセリフが追加されたことを明かした。

浦井も「前作よりハッピーエンド感と、あと荻田(浩一)さんがおっしゃったのですが、キャロルとメンフィスのラブ度も上がっています。そしてキャロルのテーベの町に行くくだりにポップなソロ曲、大ラスに2人のデュエットが新曲で加わりました」と期待を煽る。

初演時の取材時にも明かされた新妻の“王族”ぶりは健在。浦井は今回もたくさんの“ダメ出し”を受けたと言うが、最近は「髪質を褒めていただいた」とのこと。新妻は「今回からメンフィス様の毛質が、よりなめらかに、マンガで細川先生方が描く奇跡のキューティクルがより再現されていて、うっとりします」と満面の笑みでメンフィスの髪をなでる。「よかったよかった」と微笑んでいた浦井も、新妻が「照明を浴びたときの光沢というものがマンガにより近付いたかなと……」と暴走し始めると「専門家か!」とツッコみ、記者たちの笑いを誘った。

本作は原作の4巻までの舞台化となっている。次回作への展望について記者から尋ねられた浦井が、「アッシリアですか……」と目を輝かせると、同時に新妻が「アッシリアはいいですよー。名キャラクターがまだざっくざく……」と盛り上がり、「ちょっと今ひきました(笑)」と浦井がたじろぐ場面も。新妻は笑顔で「カーフラ王女とか、ミュージカルソングを書き下ろしたくなる強烈キャラがいっぱい控えてるので。あとは私たちがどれだけ16歳と18歳でいられるか」と意気込みを語った。

さらに記者から、StarSとしてともに活動している井上芳雄と山崎育三郎は来場するかと浦井に質問がとぶと、「2人とも忙しいですからね」と回答。2人とも初演も観ていなことを語ったあとで、「(井上)芳雄さんは、自分が観て嫉妬する作品は観に来ないので『よし! 観に来なかった!』ってうれしかったりもします(笑)」と語った。最後に「東京、そして大阪にも行かせてもらえることになりました。東と西、全国の皆さまや、“王族”の皆さまにも喜んでいただけるような作品を、このメンバーで目指していけたら」と意気込み、取材は締めくくられた。

ミュージカル「王家の紋章」は4月8日から5月7日まで帝国劇場、5月13日から31日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演。

ミュージカル「王家の紋章」再演

2017年4月8日(土)~5月7日(日)
東京都 帝国劇場

2017年5月13日(土)~31日(水)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

原作:細川智栄子あんど芙~みん
脚本・作詞・演出:荻田浩一
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ

キャスト

メンフィス:浦井健治
キャロル:新妻聖子宮澤佐江
イズミル:宮野真守平方元基
ライアン:伊礼彼方
アイシス:濱田めぐみ
イムホテップ:山口祐一郎
ミタムン:愛加あゆ
ナフテラ:出雲綾
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
ほか

ステージナタリーをフォロー