「1万人のゴールド・シアター」終演、「感無量、だけど寂しい」とノゾエ征爾

471

「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ・きみのゆめ~』」が本日12月7日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて上演された。

「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ・きみのゆめ~』」終演後の解散式の様子。ノゾエ征爾の挨拶に沸き立つ出演者たち。

「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ・きみのゆめ~』」終演後の解散式の様子。ノゾエ征爾の挨拶に沸き立つ出演者たち。

大きなサイズで見る(全24件)

「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ・きみのゆめ~』」は、「夢」をテーマに「ロミオとジュリエット」の世界観を織り交ぜながら描かれた大群集劇。脚本・構成・演出をノゾエ征爾が手がけ、こまどり姉妹木場勝己さいたまゴールド・シアターさいたまネクスト・シアターの面々が出演した。

ノゾエ征爾

ノゾエ征爾

約2時間の上演後に行われた会見で、終演後の感想を聞かれたノゾエは「感無量って気持ちがありつつも、終わっちゃったんだ、っていうはかない感じがしますね。1回きりの公演ですし、寂しい気持ちがあります」とコメント。高齢者キャストと作品を作り上げたことについて「本番が一番良かったですね。皆さんの力が今日この日に向かってたんだなと、本番を観て僕自身が感じられて。“高齢者”って言葉が、字面でしかないものなんだなと感じています。中にある火種というか炎は僕たちと変わらない。強いものを感じました」と語る。その一例として「今朝、参加者の方数名とお話しながらこの会場にやってきたんですけど、皆さん感慨深くなってるのかなと思ったら『次いつやるんですかね?』って言ってるんです。僕のほうが『今日だ!』って感慨深くなってしまって(笑)」とエピソードを披露した。

また、本公演の企画者である故・蜷川幸雄に対しては「参加者1600人お一人おひとりが今日、ものすごく謳歌されていたと思うんです。それを感じたとき、蜷川さんがこの演劇に求めていたもの……皆さんの人生がそのまま舞台に乗っかるようなものができたのではないかと思いました」と語った。さらに、もしまた本企画の第2、第3弾があったら?という質問には「もちろんやりたいです」と力強く返答した。なおステージナタリーでは、追って公演の模様をレポートする。

この記事の画像(全24件)

「1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ・きみのゆめ~』」

2016年12月7日(水)
埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

企画・原案:蜷川幸雄
脚本・演出:ノゾエ征爾
企画・構成:加藤種男
出演:60歳以上の一般公募による出演者、こまどり姉妹木場勝己原康義、妹尾正文、岡田正、清家栄一、新川將人、堀文明さいたまゴールド・シアターさいたまネクスト・シアター

関連記事

リンク