ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

本日、第60回岸田國士戯曲賞の選考会が開催!最終候補作は8作品

55

本日2月29日18:30より東京・學士會館にて、第60回岸田國士戯曲賞の選考会が行われる。岸田國士戯曲賞は、新人劇作家の奨励と育成を目的に創設された、若手劇作家の登竜門と言われる賞。今年の最終候補作は8作品で、選考委員を岩松了岡田利規ケラリーノ・サンドロヴィッチ野田秀樹平田オリザ宮沢章夫の6名が務める。

最終候補作は、神里雄大「+51 アビアシオン, サンボルハ」、タニノクロウ「地獄谷温泉 無明ノ宿」、根本宗子「夏果て幸せの果て」、古川健「ライン(国境)の向こう」、ペヤンヌマキ「お母さんが一緒」、三浦直之「ハンサムな大悟」、柳沼昭徳「新・内山」、山本健介「30光年先のガールズエンド」の8作品。「+51 アビアシオン, サンボルハ」は「新潮」2015年6月号に掲載されたもので、ほかはすべて上演台本となっている。

なお本日19:00頃、演劇ジャーナリストの徳永京子と批評家の藤原ちからが受賞作を予想した対談「岸田賞、勝手に大予想!~外野席から副音声」が、ローソンチケットの小劇場応援サイト「演劇最強論-ing」に掲載される。藤原からステージナタリーに寄せられたコメントは以下の通り。

藤原ちから コメント

今年で60回目となる岸田國士戯曲賞は、日本現代演劇史の流れを示すだけでなく、時にはその運命を左右するような賞として機能してきました。しかしその重要性にもかかわらず、これまでは、審査員(つまり岸田賞受賞経験のある劇作家)以外の人間、すなわち批評家も含めた観客たちが、候補作について論じたり、賞のゆくえを予想する……なんて動きはほとんどありませんでした。なぜかというと、候補作のほとんどが「上演台本」で入手困難であるため、実際の舞台を観ていないと語るのが難しい、そして全作品観てる人なんてなかなかいないよ!、という事情もあったと思います。でもやっぱ語りたいじゃないですか。そこで今回は白水社や各候補者にご協力いただき、事前に候補作のすべてを読みました。そして受賞作の予想をした対談記事を、2月29日の審査開始と同時にWEBにアップします。いわば外野席から「我々も見てますよ」というメッセージを審査会場に送るわけです。いったい会場でどんな議論が交わされるのか? 選評が楽しみですね。一緒に固唾を呑んで、賞の決定を待ちましょう。

ステージナタリーをフォロー