そのとき、何を思い、何をしましたか?第2回 | 長い眠りについた劇場、そして観客たちの思い

そのとき、何を思い、何をしましたか? 第2回 [バックナンバー]

客席から舞台の明日を支える

──長い眠りについた劇場、そして観客たちの思い

556

新型コロナウイルスの感染拡大、そして4月7日の緊急事態宣言発令を受けて、舞台はまるで長い眠りに入ったかのように、ぱったりと息を潜めてしまった。ステージナタリーでは、この状況下でさまざまな決断をすることになった全国の舞台人たちの思いを、数回にわたり特集している。

第1回では、劇作家や演出家、俳優、ダンサー、プロデューサーたち17名の声を紹介した(参照:そのとき、何を思い、何をしましたか? 第1回 | 劇作家、演出家、俳優、ダンサー、プロデューサーたちが語る)。第2回となる今回は、クラウドファンディングやドネーション(寄付)など具体的な方法で、今後の活動資金を募ると共に、観客との新たな関わり方を模索している団体にフィーチャーする。なおここで紹介している取り組みは、2020年4月27日現在の内容なので、最新情報はそれぞれの公式サイトで確認してほしい。

構成・文 / 川口聡、大滝知里、熊井玲 イラスト / ナリアイ

【今、参加できるクラウドファンディング】

インターネットを通じ、起案者の思いに共感した人たちが直接支援することができるクラウドファンディング。ここでは9団体の取り組みを紹介する。各プロジェクトごとに目標金額や募集期間が異なるほか、支援金額に応じたリターンが用意されている。詳細はそれぞれの特設ページで確認を(掲載は募集の締切日順)。

佐藤佐吉演劇祭2020

「佐藤佐吉演劇祭2020中止、延期に際し、参加した若手劇団の未来を拓きたい」ビジュアル

「佐藤佐吉演劇祭2020中止、延期に際し、参加した若手劇団の未来を拓きたい」ビジュアル

プロジェクト名:佐藤佐吉演劇祭2020中止、延期に際し、参加した若手劇団の未来を拓きたい
募集期間:2020年4月30日(木)まで

東京・花まる学習会王子小劇場を中心に、2年に1度開催されている「佐藤佐吉演劇祭」。2020年は2月18日から3月31日まで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、しあわせ学級崩壊「幸福な家族のための十五楽章」、はねるつみき「原原原原原原原」、中野坂上デーモンズの憂鬱「園」といった、3週目以降に控えていたすべての公演が中止・延期となった。そこで、“若手劇団の将来を守る”ことを考え、参加団体に対して今回の演目と次回公演に向けての支援を募ることに。クラウドファンディングの支援金は各団体の活動への制作資金の補填などに充てられる。支援者にはリターンとして、演劇祭実行委員からのお礼メールや手紙、劇場ロビーへのポスター掲載などが用意されている。

劇団ZIG.ZAG.BITE

「劇団ZIG.ZAG.BITEの春公演を無観客で実施したい!」ビジュアル

「劇団ZIG.ZAG.BITEの春公演を無観客で実施したい!」ビジュアル

プロジェクト名:劇団ZIG.ZAG.BITEの春公演を無観客で実施したい!
募集期間:2020年5月3日(日・祝)まで

福岡を拠点に活動する劇団ZIG.ZAG.BITE。今秋に結成5周年を迎える彼らは、4月から5月にかけて到生構成・演出による「時代到来 ~SLEEPING CRAZY 2020~」の上演を予定していた。公演は中止となったが、劇団は「今世の中がこのような状況にある中、我々がまた全員そろって同じものを作れる保障などどこにもない」という考えから、この作品を無観客上演し、TwitCasting(ツイキャス)にて映像配信するための資金を募集している。リターンには、メンバー全員からのお礼メール、チェキ券、希望メンバーからの直筆メッセージ、「SLEEPING CRAZY ~紺屋高尾~」の上演台本などがラインナップされた。

関連リンク
劇団ZIG.ZAG.BITE (@ZIG_ZAG_BITE) | Twitter

温泉ドラゴン

温泉ドラゴン「SCRAP」ロゴ

温泉ドラゴン「SCRAP」ロゴ

プロジェクト名:温泉ドラゴン「SCRAP」公演中止に伴う損害金支援のお願い
募集期間:2020年5月18日(月)23:00まで

劇団温泉ドラゴンシライケイタ作・演出の「SCRAP」は、温泉ドラゴンの10周年記念公演として4月に上演予定だったが、直前まで公演実施の検討を重ねたうえで中止を決定。劇団はチケット払い戻しの対応に加え、払い戻しに変わる今回の公演DVDを送付する選択肢を作るなど、観客の要望に応えた。しかし、公演中止において「大きな金銭的損失を負うことになったのも事実」とし、今回の損害をできるだけ抑えるために、クラウドファンディングを立ち上げた。支援金は損害補填と次回公演のための資金に充てられる。リターンにはお礼メール、「SCRAP」当日パンフレット、「SCRAP」DVD、シライのサイン入り戯曲集「BIRTH×SCRAP」、温泉ドラゴン10周年記念冊子などが用意されている。

関連リンク
劇団 温泉ドラゴン

劇団ZTON

劇団ZTON 御伽草子 vol.2「咎灯の環」ビジュアル

劇団ZTON 御伽草子 vol.2「咎灯の環」ビジュアル

プロジェクト名:劇団ZTON 存続支援のお願い
募集期間:2020年5月24日(日)まで

関西で活動する、殺陣が持ち味の劇団ZTONは、4月末に予定していた新作公演「咎灯の環」が公演延期に。「咎灯の環」は、2019年に始まった“御伽草子シリーズ”の第2弾となり、「かちかち山」をテーマにしたもの。今回、この作品の延期公演の実施を目指すことはもちろん、支援者に対して「リターン品を通じて『咎灯の環』の世界観を楽しんでもらう」「少しでも笑顔になれる時間を提供」することを目的に、クラウドファンディングを立ち上げた。支援金は、今後の劇団活動や延期公演実現のための資金に充てられ、支援者へのリターンには希望する劇団員からのメッセージ動画、過去作の脚本、DVDなどが用意されている。

関連リンク
劇団ZTON | Official Site

“#SaveArts”プロジェクト

「コロナ禍から芸術を守りたい。“#SaveArts”プロジェクト」ビジュアル

「コロナ禍から芸術を守りたい。“#SaveArts”プロジェクト」ビジュアル

プロジェクト名:コロナ禍から芸術を守りたい。“#SaveArts”プロジェクト
募集期間:2020年5月29日(金)23:00まで

“#SaveArts”プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響で、公演自粛・中止が相次ぎ、危機的状況に陥っている芸術家を支援するために立ち上げられたもの。直接的な芸術家の支援(今回は演劇・歌劇 / 音楽劇が対象)と、間接的・社会的支援の2つを目的としている。医師である代表実行者の年森慎一、若手医師や医療福祉・まちづくり関係者がメンバーに名を連ね、共同実行者として、演劇部門協力者の平田オリザ、歌劇 / 音楽劇部門協力者の桜田ゆみが参加。4月17日にスタートした同クラウドファンディングは、2日目で最初の目標金額である200万円を達成、今はセカンドゴールの500万円に挑戦中だ。支援者へのリターンには、サンクスレター、平田・桜田からのお礼のメッセージなどが送られる。

アガリスクエンターテイメント

「アガリスクエンターテイメント『かげきはたちのいるところ』公演延期支援プロジェクト」ビジュアル

「アガリスクエンターテイメント『かげきはたちのいるところ』公演延期支援プロジェクト」ビジュアル

プロジェクト名:アガリスクエンターテイメント「かげきはたちのいるところ」公演延期支援プロジェクト
募集期間:2020年5月29日(金)まで

アガリスクエンターテイメントは、4月に15周年公演「かげきはたちのいるところ」を予定していたが、2021年春の上演を目標に公演を延期、創作を継続することに。彼らは「結成して15年経ちますが、全ての負債を支払い、もう一度公演を打てるだけの資金が劇団にないというのが現実」と内情を赤裸々につづり、クラウドファンディングの実施に踏み切った。集まった支援金は公演延期による損失の補填ほかに充てられる。なお支援者へのリターンには、上演予定だった「かげきはたちのいるところ」のチケット、パンフレット、特製クリアファイル、キャスト写真のほか、支援者から提供された題材をもとにした新作コントなどが用意されている。

関連リンク
アガリスクエンターテイメント公式WEBサイト

シアターコンプレックス・プロジェクト

シアターコンプレックス ロゴ

シアターコンプレックス ロゴ

プロジェクト名:“舞台専門プラットフォーム”シアターコンプレックス
募集期間:2020年5月1日(金)から1カ月程度を予定

シアターコンプレックスは、新型コロナウイルスの影響でダメージを受けている舞台業界のため、演劇プロデューサー・松田誠が発起人となり立ち上げた“舞台専門プラットフォーム”。同プロジェクトでは、既存の舞台公演の映像配信や、今後上演される公演のライブ配信、オリジナル番組配信など、舞台に特化した配信サービスの実現を目指す。設立に向けて、5月1日からFanbeatsでクラウドファンディングがスタート。松田は「自分の人生を救ってくれたのは舞台でした。また人生を豊かにしてくれたのも舞台です。その舞台が今まで経験したことのない危機に瀕している」とし、“舞台を救え”をキーワードに「どうか皆さんの力をお貸しください」と支援を呼びかけている。なお同プロジェクトのFanbeats公式アカウントをTwitterおよびFacebookアカウントでフォローすると、クラウドファンディングの詳細が届く。

すゞひ企画

すゞひ企画ロゴ

すゞひ企画ロゴ

プロジェクト名:「すゞひ企画」最大の窮地! 団体存続の危機からの脱出!をしたい
募集期間:2020年6月3日(水)23:00まで

すゞひ企画は、元演劇集団キャラメルボックスのメンバーで、リアル脱出ゲームの司会をしている鈴木秀明が立ち上げたプロデュースユニット。体験型ゲームイベントを企画してきた同団体では、5月公演「演劇×体験型ミステリー『世界英雄会議』~彼の名は、キャプテン・ビルス~」が無期延期となった。そのため、4月22日よりクラウドファンディングを開始。今回得た支援金は、赤字の補填、関わった俳優へのギャランティの支払い、団体存続のために使用される予定で、支援者にはリターンとして俳優のチェキ、オリジナルのマグカップやTシャツ、過去公演の台本のPDFデータのほか、次回新作公演での公開リハーサル招待権、登場人物命名権などが用意されている。

関連リンク
すゞひ企画公式ホームページ

conSept合同会社 / 杉本事務所

「新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund」ビジュアル

「新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund」ビジュアル

プロジェクト名:新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund
募集期間:2020年8月25日(火)まで

「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」は、舞台公演製作会社のconSeptと、経営コンサルティング・舞台公演への投資を手がける杉本事務所が設立した公益基金。出演者、クリエイター、スタッフなど、すべての舞台芸術関係者を対象とした資金助成を目的とし、クラウドファンディングで目標額を1億円に募金を募る。賛同者の代表には、演出家の板垣恭一や俳優・伊礼彼方が名を連ねた。募金用サイトは、4月28日にクラウドファンディングサイト・MotionGallery内に立ち上げられる予定。なお本プロジェクトは公益基金のため、リターンは税制優遇措置を受けられる領収書の発行のみとなる。Twitterでの推奨ハッシュタグは「#butainomirai」。

関連リンク
新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund - クラウドファンディングのMotionGallery
conSept

【今、参加できるドネーション】

ドネーション、つまり寄付をすることで支援する形もある。下記の団体では、無料での動画公開やコンテンツ配信、返礼品などの取り組みを実施中。詳細は各団体の公式サイトで確認を。

わらび座・あきた芸術村

わらび座ロゴ

わらび座ロゴ

プロジェクト名:ご支援のお願い
募集期間:2020年4月末まで

秋田県仙北市を拠点に、民族伝統をベースにした多彩な表現で現代の心を描いてきた劇団わらび座は、4月に予定していた新作ミュージカル「空! 空!! 空!!!~秋田を、日本を飛び回った女性飛行士・及位ヤエ物語~」を5月に延期し、ゴールデンウィークに予定していた2作品も中止することに。支援金はホームである、あきた芸術村での諸施設のイベント中止を含む損害への補填や、今後の活動費に充てられる。なお、わらび座は、創立70周年となる2021年、“祭り”をコンセプトにあきた芸術村をリニューアルする計画だ。わらび座・あきた芸術村は「わらび座創立の精神を握り直し、心ひとつにこの事態を乗り切って皆様に恩返しする所存です。さらなるお力添えを賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます」とコメントしている。

関連リンク
劇団わらび座

範宙遊泳

範宙遊泳ロゴ

範宙遊泳ロゴ

プロジェクト名:ドネーション

範宙遊泳は、山本卓卓のニューヨーク留学後初の新作として注目を集めていた「ディグ・ディグ・フレイミング! Dig Dig Flaming!」を4月に上演予定だったが、公演中止に。しかし「多くの劇場の扉が閉ざされた今、さらに多くの作品を無料公開することといたします」という思いのもと、人気作「うまれてないからまだしねない」や「幼女X」タイ公演の記録映像を公式YouTubeチャンネルで無料公開し、毎週1作ずつ配信作を増やしていく取り組みをスタートさせた。また、noteおよびDoneruで新たな映像コンテンツ制作のためのドネーションを呼びかけており、そこで集まった支援金は、今後の活動費に充てられる予定だ。

関連リンク
範宙遊泳/Theater Collective HANCHU-YUEI

ロロ

ロロ ロゴ

ロロ ロゴ

プロジェクト名:ドネーション

ロロは、「四角い2つのさみしい窓」4都市ツアーのうち、4月の福島公演、5月の三重公演が延期となった。新たな試みとして同団体は、YouTube Liveを使ったライブ配信で展開する連作短編“通話劇”シリーズ「窓辺」をスタート。同シリーズでは、4月から6月にかけて、ビデオ通話を用いて交流する人たちを描く。脚本・演出の三浦直之は「ビデオ電話をつかって、いくつかの短い演劇をつくります。ささやかな演劇にしたいです」とつづっている。また、同企画・作品を気に入った人に向けてnoteおよびDoneruでのドネーションを募っている。

関連リンク
ロロ | official WEB

次のページ
このほかにも今、参加できるさまざまな支援

関連記事