音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

星野源「箱入り息子の恋」舞台挨拶で巨大牛丼に垂涎

601

本日5月23日、星野源の主演映画「箱入り息子の恋」の完成披露試写会が東京・新宿明治安田生命ホールにて実施された。

一般客を招いて行われた試写会の前には、星野のほか、映画に出演する夏帆、平泉成、森山良子、そして監督の市井昌秀による舞台挨拶が行われた。本作で映画初主演を務めた星野は「自分で観てすごく面白かったです。主人公は最初は塞ぎ込んでいるんですが、いい意味で主人公が壊れていく。それが爽快で」と語る。さらに話を続けようとすると客席から赤ちゃんの声が。星野は「俺の話、退屈?」と質問すると、すかさず市井が「俺の子なんだけど……」と発言。星野は「え?」と一瞬驚いたのち、「初めまして」と笑顔で手を振り会場を和ませた。

その後も順番に出演者たちがトーク。夏帆は「目が見えない役だったので、撮影前に目が見えない人と遊園地に行ってみたり、映画を観たり」と入念に準備したことを明かし、「ピアノを弾くシーンは実際に私が弾いてるんです。映画のために猛特訓して大変でしたね」といったエピソードを披露した。夏帆と共演してみての感想を求められると星野は「画面に映ってないシーンでも細かく演技をしてて。手を握るシーンが多いんですけど、画面に映ってないのに、手を握り返してくれたり。あと前からカワイイ人だなって思ってたんですけど、共演してみたら男気があるんだなって。カワイイからカッコいいになりました」と印象が変わったことを明かす。一方夏帆は「星野さんは現場でも(主人公の)健太郎だったんで、星野さん=健太郎なんですよね。あまり作り込まずに奈穂子でいられたのは、相手が星野さんだったからかな」と相性の良さを語った。

健太郎の両親を演じた平泉と森山は息の合ったトークを展開。森山が「(平泉に)会う前は多少の恐れがあったんですけど、見た途端にほわーんとなって。そこからいろんなことを話してくださって、役に入る前にいいコミュニケーションが取れて、自然と妻になれました」と語れば、平泉は「僕そういうのうまいんだよね(笑)。森山さんのおかげでちょっといい芝居ができたかな」と返した。

映画で描かれる親同士による代理見合いの話になると、星野は「夏帆ちゃんが来るならやりますよ。みんな行かざるを得ない」と力説。夏帆も「最初はどうなのって思ったけど、映画の健太郎と奈穂子のように出会いのきっかけにもなるかもしれないし」と答える。しかし司会者から「では見合いはあり?」と聞かれると星野は「見合いは人による!」と断言し、会場を爆笑させる。この発言を受けて市井も「僕は妻子いますけど、夏帆ちゃんが来るなら見合いします」と語り、笑いを誘っていた。

続いて、物語の中で主人公の健太郎とヒロインの奈穂子が初デートで牛丼チェーン店の吉野家を訪れることにちなんでサプライズで50人前の巨大牛丼が登場。屈強な外国人によって運び込まれた“箱入り”の牛丼が現れると、登壇者一堂も観客もびっくり。「おおっ!」というどよめきが起き、星野は匂いをかぎながら「すげえ。これ食べたいっす……」とぽつり。しかし司会者からお預けを食らい、残念そうな表情を浮かべていた。

最後に星野は主演俳優として挨拶し、「スタッフ、キャスト、小物、みんながこの男のために全力を尽くしてくれ、いろんな人の支えがあってこの映画は完成しました。ぜひ市井監督の思いよ届けって感じです」と語った。

映画「箱入り息子の恋」は6月8日より全国公開。親同士の婚活「代理見合い」をきっかけに初めて人を好きになった男が恋の力で生まれ変わる姿と、彼らを巡る家族の現代の肖像が描かれる。音楽は高田漣が担当し、高田漣 feat. 細野晴臣名義による「熱の中」が主題歌として使用される。

音楽ナタリーをフォロー