音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

3人えびぞりジャンプも!ももクロ金沢で「ももクノ60分」

801

ももいろクローバーZが昨日1月19日、石川・石川県産業展示館3号館にてライブイベント「独占!ももクノ60分 vol.5」を開催した。

「独占!ももクノ60分」は1公演60分ぴったりのパフォーマンスを追求するももクロの恒例ライブシリーズ。ステージ上にはタイマーが設置され、60分を超えると強制終了という厳しいルールのもとでライブが行われる。その他にも今回は「2分間のMCを2回入れなければならない」「自己紹介を入れなければならない」「1回目のMCの後の曲はシークレットとなっておりスタッフがセレクトした曲をパフォーマンスしなければならない」「7曲目と8曲目は『何人で』『誰が』『何の曲を』歌うかをくじ引きで決めなければならない」という独自のルールが設定された。60分の中にはパフォーマンスする楽曲を決めるセットリスト会議も含まれ、メンバーは事前に観客から集められたアンケート結果などを参考にしながら60分以内で収まる楽曲をセレクトする必要がある。

正午過ぎより行われた第1部では、5人が金沢市に本社を構える「ゴーゴーカレー」のパーカーを着用して登場し「私たち、ゴーゴーカレーアイドルの週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!」と挨拶したり、高城れにが「私にとっていつも偉大な55番。松井秀喜、永遠なれ! せーの! ぽちっとな!」と石川県出身の野球選手・松井秀喜にちなんだ発言とともにタイマーのカウントダウンをスタートさせるなど、冒頭から石川県にちなんだ発言を連発。その後セットリストを決める会議が行われ、観客のアンケートを参考にしながら桃黒亭一門の「ニッポン笑顔百景」をはじめとした全10曲が決定しライブがスタートした。

5人は順調にライブを進行させ、最初のMCでは玉井詩織が現在喉の治療中のため声を出せない有安杏果の代わりに自己紹介を行った。5曲目の「スターダストセレナーデ」ではメンバーが突如ステージを下りて2階へ移動しサイン入りボールを客席に投げ込みながらパフォーマンス。続く「PUSH」のエンディングでステージに戻るまで会場の2階を一周し、後方のファンを喜ばせた。

その後のMCでは有安が告知を行おうとするが、筆談でスケッチブックに内容を記入している間に時間短縮のため容赦なく次の楽曲のイントロが流れ始める。スタートした曲はくじ引きで設定された高城以外の4人による高城のソロ曲「津軽半島龍飛崎」。高城がステージ横で振り付けを教えるも、メンバーは各自勝手にアレンジを始め、サビで百田夏菜子がコマネチを取り入れると最後には4人全員コマネチをしてしまい、高城が「勝手に変えないでよ!」と怒る場面も。以上、第1部では5人が積極的に時間短縮に努め、約30秒の時間を残し無事60分以内でライブを終了することができた。

続く第2部のセットリスト会議では「サラバ、愛しき悲しみたちよ」や「僕等のセンチュリー」などの最新曲をセレクト。くじ引きでは佐々木彩夏、玉井、高城による「行くぜっ!怪盗少女」や佐々木、有安、高城による「あの空へ向かって」がパフォーマンスされることが決定し、通常のライブでは観られないレアな組み合わせに観客も大喜び。最初のMCではももクノ恒例の高速自己紹介が披露されるが、第2部の有安の声担当である百田夏菜子が有安の自己紹介を手間取っているうちにスタッフが構わず次の曲をスタートさせてしまったため百田の自己紹介をイントロの中で行うという事態も。

さらに第2部の観どころとなった「行くぜっ!怪盗少女」では間奏で通常玉井と有安が披露する側転を玉井のみならず佐々木と高城も披露。そして百田の見せ場であるえびぞりジャンプを3人並んでキメると観客も大きな歓声で応えた。続く「あの空へ向かって」では百田のパートを佐々木と高城が百田の声をまねて歌いつつ、最後は百田と玉井も加わって5人揃ってのパフォーマンスを披露。その後「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」のエンディングを使ってニューアルバムリリースの告知を行うなどの時間短縮を図ったものの、セットリスト最後の楽曲「走れ!」の途中で60分が終了してしまう結果となった。

第2部を終え、高城は「60分が本当にあっという間だなっていうのと、この60分がずっと24時間続けばいいなって今日改めて思いました。こんなにたくさんの人が来てくれて楽しい思い出になりました。外寒いから風邪とか気をつけてすべらないようにして帰ってください」、佐々木は「ももクノは自由だし、ももクロのちゃんとパフォーマンスを見せる部分とももクロの楽しい部分も見れるすごい濃密な1時間だなと思います。もっともっといろんなところでももクノを開催して皆さんと楽しい60分を過ごしていきたいと思います。あったかくして寝ろよ!」、玉井は「日々生活をして過ごしてる1時間とももクノの1時間はこんなにも違うものかと。60分すごい有効に使えるなということを私たちはももクノを通じてわかったのでこれからもももクノ60分をもっと極めて皆さんに楽しんでもらいつつ、ももクロらしいステージになったらいいなと思います。歯磨けよ!」、百田は「今日は私はみんなの怪盗少女とか側転とかえびぞりだとか個人的にも楽しませていただきました。これからもももクノだけじゃなくていろんなところに行けたらいいなと思います。今日は『走れ!』が途中で終わっちゃったんで次はリベンジとしてこの1時間をまだ有効活用できると思うんでがんばりたいと思います。風呂入れよ!」とそれぞれ感想を述べた。

そして有安がスケッチブックに綴った「とにかく楽しかったです。今日は私なりに声以外で思いを届けたつもりです。皆さん伝わりましたか? 今度はいつになるかわからないけど歌で思いを届けたいので待っていてください。気をつけて帰れよ!」という感想を百田が代読して、60分2本勝負のイベントが終了した。

なおライブの途中では神奈川・横浜アリーナで3日間5公演のファンクラブ限定ライブが開催されること、そしてニューアルバムの発売日が4月10日に決まったことが告知された。

2013年1月19日(土)石川県 石川県産業展示館3号館 ももいろクローバーZ「独占!ももクノ60分 vol.5」セットリスト

第1部

01. ニッポン笑顔百景 / 桃黒亭一門
02. キミノアト
03. みてみて☆こっちっち
<MC1:自己紹介>
04. MILKY WAY
05. スターダストセレナーデ
06. PUSH
<MC2:有安杏果による告知(書いている途中で時間切れにより未遂)>
07. 津軽半島龍飛崎 / 百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果
08. Dream Wave / 佐々木彩夏
09. 空のカーテン
<MC3:有安杏果による告知(横浜アリーナでのファンクラブ限定ライブを発表)>
10. ツヨクツヨク

第2部

01. サラバ、愛しき悲しみたちよ
02. 黒い週末
03. CONTRADICTION
<MC1:高城、佐々木、玉井、有安の自己紹介>
04. words of the mind ~brandnew journey~(イントロで百田の自己紹介)
05. 僕等のセンチュリー
06. PUSH
<MC2:有安杏果による告知(書いている途中で時間切れにより未遂)>
07. 行くぜっ!怪盗少女 / 佐々木彩夏、玉井詩織、高城れに
08. あの空へ向かって / 佐々木彩夏、有安杏果、高城れに
09. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
<MC3:有安杏果による告知(4月10日のアルバムリリースを発表)>
10. 走れ!

音楽ナタリーをフォロー