音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

FISHMANS+大作ナンバー教授&卓球リミックス加えCD化

261

フィッシュマンズが多数のゲストを迎え「FISHMANS+」名義で制作した楽曲「A Piece Of Future」がCD化。ミニアルバムとして7月11日にリリースされる。

「A Piece Of Future」は佐藤伸治が生前書き下ろした最後の作品と言われている楽曲。1998年にフィッシュマンズのライブツアー「8月の現状」で演奏され、佐藤の逝去により実現はならなかったものの、その後レコーディングも予定されていた。

今回リリースされる「A Piece Of Future」は2011年3月28日にDOMMUNEで生中継された「FISHMANS+」としての初ライブの模様をzAKがスタジオでミックスしたもの。演奏には茂木欣一、柏原譲、HAKASE-SUN、木暮晋也(HICKSVILLE)、zAk、勝井祐二(ROVO)、原田郁子(クラムボン)、七尾旅人、カントゥス、Bose(スチャダラパー)、小山田圭吾(Cornelius)、UA、やくしまるえつこ(相対性理論)、永井聖一(相対性理論)、飴屋法水、沢田穣治(CHORO CLUB)、大野由美子(Buffalo Daughter)という豪華な顔ぶれが参加した。

この音源は2011年4月に東日本大震災の義援金募集サイト・DIY HEARTSにて既に配信リリースされていたが、今回のCD化に伴って新たにミックスを実施。さらにカップリングとして坂本龍一石野卓球、梅田哲也によるリミックスや、20分を超える2011年バージョンなどを収録している。またジャケットデザインも一新され、EYヨ(BOREDOMS)の描き下ろしイラストが使用されている。

FISHMANS+「A Piece Of Future」収録曲

01. A Piece of Future 2012
02. A Piece of Future - Sakamoto's Lure Mix for Fishmans
03. A Piece of Future - Takkyu Ishino Remix
04. A Piece of Future - Umeda Tetsuya played Cassette Tape.
05. A Piece of Future 2011
06. A Piece of Future - Radio Mix

音楽ナタリーをフォロー