DE DE MOUSEが話題の「TENORI-ON」イベントに参加

4月27日に青山EATS and MEETS Cayにて行われるライブイベント「AFTER VIEW : Audio & Visual Night」に、DE DE MOUSEが出演することが決定した。

16×16個のLEDボタンを使って演奏するという独特のインターフェイスを持つ楽器「TENORI-ON」。

16×16個のLEDボタンを使って演奏するという独特のインターフェイスを持つ楽器「TENORI-ON」。

大きなサイズで見る

このイベントは、話題の楽器「TENORI-ON」を大々的にフィーチャーしたもの。KRAFTWERK、Carl Craig、Matthew Herbertといった海外アーティストからも注目され、Bjorkの来日公演やTHE CORNELIUS GROUPの東京国際フォーラム公演で使用されたことによりますます脚光を浴びている次世代マシン「TENORI-ON」。このイベントでは、さまざまなアーティストたちによるプレイを楽しむことができる。

この日はDE DE MOUSEのほかにも、Atom Heart(Senor Coconut)、Paul de Joung、映像/音響アーティストの黒川良一が参加。また、4月24日に同会場で行われる「PRE-VIEW : To Rococo Rot Night」は、ヨーロッパのポストロック/エレクトロニカ・シーンを代表するTo Rococo Rotの初来日公演となっており、この日限りのフルセット・ライブやメンバーそれぞれのソロユニット・ライブが披露される。

DE DE MOUSEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 DE DE MOUSE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。