音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

岡本真夜、決意込めた新作で「TOMORROW」セルフカバー

43

岡本真夜の通算12枚目となるオリジナルアルバム「Tomorrow」が、3月7日にリリースされることが決定した。

このアルバムは、岡本が東日本大震災以降に「この大きな爪痕を残した震災が起きたという悲しい事実と、その直後に起こった日本中が団結するという素晴らしい出来事を風化させないよう、人々の胸に音楽を通じて刻んでいこう」という思いで作り上げたもの。「子供を守りたい」という強い気持ちから生まれた楽曲「365日のLove song」や、テレビのドキュメンタリーで見た被災者の少女が発した「強くなる!」という言葉に胸を打たれ、その少女に光が差すことを願ったナンバー「約束」、長年にわたり多くの人の心を励まし続けている代表曲「TOMORROW」のセルフカバー「Tomorrow ~明日の君へ~」など、合計10曲が収録される。

震災以降はチャリティイベントにも積極的に参加している彼女。12月25日には俳優の伊勢谷友介主催の「REBIRTH PROJECT」が企画する「飯舘村卒業式イベント」にシークレットゲストとして出演し、「私の歌で少しでも皆さんが元気になって貰えれば嬉しいです」と「そのままの君でいて」「TOMORROW」「赤鼻のトナカイ」など7曲を歌った。さらに、アンコールではこの日2度目となる「TOMORROW」を飯舘村の住民たちと合唱した。

なお、日本クラウンの公式YouTubeチャンネルでは、岡本が今の思いを語る密着ドキュメンタリー映像が公開されている。

岡本真夜「Tomorrow」収録曲

01. Sunrise ~Prologue~
02. 365日のLove song(※BSフジ「beポンキッキーズ」beポン・メロディ)
03. Tomorrow ~明日の君へ~
04. 約束
05. Massage
06. One Love, One Smile(※NGOプランジャパン25周年記念コンサート テーマソング)
07. I believe ~Unplugged Version
08. if …
09. Happy Life~明日に向かって~
10. Moonlight ~Epilogue~

岡本真夜 コメント

2011年3月11日。忘れることが出来ないこの日、東日本大震災が起こりました。私は東京の自宅で強い揺れを感じながら、息子の肩を抱きしめていました。その時頭にあったのは、母親として近くにいる息子だけは守ろうという思いだけでした。

毎日のようにニュース等で想像を超えた被害の大きさや様子を目の当たりにし、現実に心が打ち震える日々が続きました。その一方で人々が助け合い、困難に立ち向かっていく様も数多く拝見し救われたりもしました。日本中が復興に向け動き始めた時……一人の人間として、一人のアーティストとして、自分は何をすべきかを考え抜いて出した答えは“この大きな爪痕を残した震災が起きたという悲しい事実と、その直後に起こった日本中が団結するという素晴らしい出来事を風化させないよう、人々の胸に音楽を通じて刻んでいこう”というものでした。

地震の時に感じた“子供を守りたい”という気持ちから「365日のLove song」という曲が生まれました。夏になってとあるテレビのドキュメンタリーで見た被災者の少女が発した「強くなる!」という言葉に胸を打たれ、その少女に光がさしてくれる事を願い「約束」という曲を作りました。

秋から始まったコンサート・ツアーではこの思いをステージ上で話し、歌詞を朗読した上で演奏させて頂いたりもしています。そして、避難所の方々が「TOMORROW」を口ずさんで頑張っていらっしゃるという事をある方から聞き、改めて思ったのです。もう一度この歌を人々に届けようと。阪神淡路大震災の後、本当に大勢の方から「TOMORROW」という曲に“勇気をもらった”“元気づけられた”といった言葉を頂きました。

今回も誰かの“希望”になってくれたらと思い「TOMORROW」 というコンセプトでアルバムを作ることを決めたのです。今こそ、私の感じること、思うことを作品として残し、この事実を風化させないように。そして被災地はもちろん、日本中が希望をとりもどせるような曲を作り、歌って生きたいと思っています。

「涙の数だけ強くなれるよ 明日は来るよ 君のために」

生まれ変わった「TOMORROW」、そしてアルバム「Tomorrow」に込めた思いと共にお聴きいただければうれしく思います。

岡本真夜

■『岡本真夜 2011 “想い”』※ドキュメント映像

音楽ナタリーをフォロー