音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

蒼井優主演映画でSIGUR ROS、高木正勝が音楽担当

502

10月15日より劇場公開される蒼井優主演映画「たまたま」で、主題歌をSIGUR ROS、劇中音楽を高木正勝が提供していることが明らかになった。

この映画は蒼井優自身が自ら熱望して取り組んだ意欲作で、美しいアイルランドを旅する主人公が“たまたま”出会う日常の出来事を描いたロードムービー。全編アイルランドロケが敢行され、監督と脚本は本作が初の長編作品となる映像作家の小松真弓が手がけている。

主題歌に起用されたSIGUR ROSの楽曲は、2008年発売のアルバム「残響」に収録された「インニ・ミェル・シングル・ヴィトゥレイシングル」。アイスランド語で歌われるこの曲は、映画の美しくファンタジックな世界観と絶妙な融合を果たしている。今回の主題歌起用は小松監督からSIGUR ROSへの熱烈なオファーで実現。なお、SIGUR ROSの楽曲が邦画の主題歌に使用されるのは今回が初となる。

蒼井優はこの主題歌について「小松さんは構想のころから、ずっと主題歌はSIGUR ROSがいいって言ってて、彼らの曲以外は考えられないって熱望していました。私も曲を聴いてみて、この作品にはピッタリだなって思っていました。だから『たまたま』の主題歌に決まって、小松さんもすごく喜んでいますし、私もすごくうれしいです」と感想を述べている。

音楽を手がけた高木正勝は、アイルランドで撮影されたことを考慮して現地の音感やリズム感を参考にして劇伴を制作したとのこと。高木は今回の仕事について「小松監督とは以前にCM音楽でご縁があって、彼女の素敵な人柄を垣間知っておりました。今回の映画のために詳細に書かれた『絵本のような脚本』がとても印象的で、童話のような世界観に魅了されました。作曲はスムーズにいったものもあれば、締め切りぎりぎりまで仕上がらなかったものもあり、監督はひやひやされたんじゃないでしょうか」とコメント。さらに映画の感想を「いろんな見方ができる映画だと思いますが、僕は、小松さんによる蒼井優さんのドキュメンタリー映画として楽しみました」と話している。

明日9月16日からは同映画のスマートフォンアプリを配信開始。映画の予告編映像がアプリでのみ先行公開され、さらにロケ地での蒼井の写真ギャラリーや、イベントスケジュール、特典情報のプッシュ機能配信などさまざまなコンテンツが用意される。

音楽ナタリーをフォロー