SKE48、1年ぶりオーディションで第5期生募集

78

SKE48が第5期生オーディションを開催することが決定した。

2011年9月1日現在、SKE48にはチームS、チームKII、チームE、研究生の計57名が在籍。 (C)AKS/PYP

2011年9月1日現在、SKE48にはチームS、チームKII、チームE、研究生の計57名が在籍。 (C)AKS/PYP

大きなサイズで見る

今回のオーディションは、さらなる飛躍を遂げるためのメンバー拡充を目的に行われるもの。SKE48がメンバーオーディションを行うのは、昨年夏に実施された第4期生オーディション以来1年ぶりとなる。

応募受付は9月5日からスタート。書類審査、面接、実技審査などを経て合格したメンバーは、研究生として活動を行っていく。応募条件、応募方法など詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

メンバーコメント

金子栞(第4期生 / チームEメンバー)

面接で長所を聞かれたのに、緊張しすぎて「歌、ヘタです! ダンス、踊れません! 何もできません!」って悪いことばかりアピールしちゃったんです。なんで合格したのかな……今でも謎です。何が起こるかわからないのがオーディションってことですね。迷っている方は、とにかくまずは応募してみたらいかがでしょうか。5期生が入ってきたら、私も先輩になっちゃうんですね。う~ん、どうしましょう……。

木本花音(第4期生 / チームEメンバー)

AKB48としても活躍する(松井)珠理奈さんや(松井)玲奈さんにすごく憧れていたので、4期生のオーディションがあるって知って迷わず応募しました。今おふたりといっしょにSKE48として活動できて幸せです。でも楽しいことばかりじゃなく厳しいこと、つらいこともたくさんあります。その分、この1年ですごく大人になりました。今の自分を変えたい、成長したいって思う皆さん、応募してください。待っています。

これまでのオーディション

<第1期生>
開催時期:2008年6月~7月
応募数:2670名
合格者:22名
合格倍率:121倍

<第2期生>
開催時期:2009年3月~5月
応募数:3248名
合格者:24名
合格倍率:135倍

<第3期生>
開催時期:2009年8月~10月
応募数:2396名
合格者:13名
合格倍率:184倍

<第4期生>
開催時期:2010年7月~9月
応募数:5888名
合格者:16名
合格倍率:368倍

※辞退者および途中加入者はデータに反映せず

関連する特集・インタビュー

関連記事

SKE48のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SKE48 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。