“移民者”ラッパーMoment Joon初の著作「日本移民日記」岩波書店から発売、鋭い言葉で日本社会つづる

205

Moment Joon初の著作「日本移民日記」が11月26日に岩波書店から発売される。

Moment Joon(撮影:三橋優美子)

Moment Joon(撮影:三橋優美子)

大きなサイズで見る(全2件)

Moment Joon「日本移民日記」書影

Moment Joon「日本移民日記」書影[拡大]

日本移民日記

Moment Joon「日本移民日記」
Amazon.co.jp

これは岩波書店のWebマガジン「たねをまく」で公開されていたMomentの連載を書籍化したもの。韓国出身の“移民者”ラッパーとして活動する彼が、日本のヒップホップ、“外人”であること、差別語、詩人・金時鐘との出会いなど、日々の経験と思索から見える日本社会の風景を鋭く率直な言葉でつづっている。装画は芦野公平、装丁は川名潤が手がけた。

刊行に当たって、岩波書店の編集部は本書についてのメッセージをオフィシャルサイトに公開。「日本のヒップホップに金字塔を打ち立てたアルバム『Passport & Garcon』とあわせてこれまでの経験の総括であり、これからさらに活躍が見込まれる表現者の今後の十年にとって、大きな出発点になる本だと思います。ぜひご一読ください」と呼びかけている。

なお「たねをまく」では連載の第1回のみ試し読みとして現在も公開中。

この記事の画像(全2件)

関連記事

Moment Joonのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Moment Joon の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。