PEDRO活休前ラストツアー、“バンドの登竜門”千葉LOOKで幕開け

1349

PEDROが本日10月22日に千葉・千葉LOOKでワンマンツアー「SAYONARA BABY PLANET TOUR」の初日公演を行った。

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)

大きなサイズで見る(全5件)

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

アユニ・D(B, Vo / BiSH)と、サポートメンバーの田渕ひさ子(G / NUMBER GIRLtoddlebloodthirsty butchers)、毛利匠太(Dr / Hack the Ceremony)の3人からなるPEDROは、12月22日に行われる神奈川・横浜アリーナ公演をもって無期限活動休止することを先日発表した。12月13日の岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKOまで続く「SAYONARA BABY PLANET TOUR」が活休前最後のツアーとなる。

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)

PEDRO(Photo by sotobayashi kenta)[拡大]

ツアー初日、千葉LOOKに集まったファンを前にPEDROは気合い十分。「自律神経出張中」「感傷謳歌」など、2018年の始動から約3年の間に発表したさまざまな楽曲を目の前にいる観客に届けた。アユニはMCで、今回のツアーが活休前ラストツアーであることに触れてから、「今日、すごく楽しみでした。ワクワクな旅の始まりの日に来てくれて、本当に幸せです」と心境を口にする。そして数多くのロックバンドを輩出している老舗ライブハウスである千葉LOOKについて「千葉LOOKいいですね、バンドの登竜門。立ってみたかったライブハウスです。楽屋も含めて歴史を感じます。20年前くらいのNUMBER GIRLのときの田渕さんの写真もあって。歴史に混ざることができてうれしいです」と話し、田渕を笑わせた。さらにアユニはPEDRO始動からサポートメンバーを務めている田渕、毛利への愛と感謝を語り、2人とともにステージに立てていることに「本当に幸せもんですよ」とうれしそうに語った。

この記事の画像・SNS投稿(全5件)

PEDRO「SAYONARA BABY PLANET TOUR」(※終了分は割愛)

2021年10月22日(金)香川県 高松festhalle 
2021年10月23日(土)高知県 高知X-pt.
2021年10月25日(月)長崎県 DRUM Be-7
2021年10月26日(火)熊本県 熊本B.9 V1
2021年11月2日(火)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2021年11月4日(木)広島県 広島CLUB QUATTRO
2021年11月5日(金)兵庫県 Harbor Studio
2021年11月8日(月)岐阜県 CLUB ROOTS
2021年12月2日(木)北海道 帯広MEGA STONE
2021年12月8日(水)京都府 磔磔 
2021年12月9日(木)新潟県 NIIGATA LOTS
2021年12月12日(日)岩手県 Club Change WAVE
2021年12月13日(月)岩手県 KLUB COUNTER ACTION MIYAKO

PEDRO「さすらひ」

2021年12月22日(水)神奈川県 横浜アリーナ

全文を表示

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH / 田渕ひさ子 / NUMBER GIRL / toddle / bloodthirsty butchers / エリザベス宮地 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。